【青汁効果を解説します】効能が「ある」「ない」は飲み方で決まる!

青汁は栄養が凝縮された健康ドリンク!

青汁効果について、製造販売者の立場から解説しています。

  • 口コミの青汁効果って本当なの?
  • 青汁を飲んでも効くわけないでしょ!
  • 青汁の効果的な飲み方ってあるの?

という心配をされている方に向けて情報をまとめました。

このページを上から順番に読んでいくことで、青汁効果の基本や飲み方を学ぶことができ、自分にあった青汁にたどり着くことができますよ。

補足:記事の信頼性
かれこれ15年以上、青汁の製造販売を経験しています。青汁業界の裏を知りつくしたうえで正直に情報をまとめました。

青汁の効果とは

青汁効果は「5種類」あります。

  • ビタミンの効果
  • ミネラルの効果
  • 食物繊維の効果
  • ファイトケミカルの効果
  • カラーセラピーの効果

の5種類です。

青汁の口コミを見ていると、「肌荒れに効く」「糖尿病に効く」「むくみに効く」などの医薬品のような効果効能を目にしますが、青汁にそうした治療効果はありません。

サプリメント同様、体や肌の細胞に不足している栄養素を届けるものが青汁です。

それでは、それぞれの効果ついて解説していきます。

「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」については、

の情報をもとに全体感を記載しています(2019年11月時点)。詳細なデータを把握したい方は、上記リンクより性別・年代別の状況をご確認ください。

ビタミンについて

脂溶性ビタミンの摂取状況

脂溶性ビタミンである「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンE」「ビタミンK」の推奨量に対する日本人の平均摂取量を確認したところ、

平均摂取量推奨量
(18歳以上)
ビタミンA519μg650~900μg
ビタミンD6.9μg5.5μg
ビタミンE6.6mg6.0~6.5㎎
ビタミンK229μg150μg

性別・年齢別の詳細データも確認したところ、

  • ビタミンAは「不足」
  • ビタミンEは20代女性で「不足」

していることが分かりました。

ビタミンAとビタミンEは緑黄色野菜が得意な栄養素のため、青汁で効率的に補えますね。

ビタミンAの補足
緑黄色野菜に含まれる「βカロテン」は、体内で必要に応じてビタミンAに変わるため、過剰摂取の心配がありません。

水溶性ビタミンの摂取状況

水溶性ビタミンである「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンB12」「ナイアシン」「葉酸」「パントテン酸」「ビタミンC」を確認したところ、

平均摂取量推奨量
(18歳以上)
ビタミンB10.87㎎0.9~1.4㎎
ビタミンB21.18㎎1.1~1.6㎎
ビタミンB61.12㎎1.2~1.4㎎
ビタミンB125.6μg2.4μg
ナイアシン14.4㎎10~15㎎
葉酸281μg240μg
パントテン酸5.53㎎4~5㎎
ビタミンC94㎎50㎎

性別・年齢別の詳細データも確認したところ、

  • ビタミンB1、B2、B6は「不足ぎみ」
  • 葉酸は「30代までの女性は不足」
  • ビタミンCは「男女ともに50代まで不足」

という状況でした。

ビタミンB1は豚肉、ビタミンB2はレバー(豚・鶏)、ビタミンB6はマグロやカツオなどの赤身魚、豚肉や鶏肉に含まれるため、もっと豚肉・鶏肉・魚を食べましょう

また、葉酸とビタミンCは緑黄色野菜が得意な栄養素のため、青汁で効率的に補えます

ビタミンの効果

日本人に不足しがちなビタミンは、

  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンE
  • ビタミンB群(B1・B2・B6)
  • 葉酸
  • ビタミンC

でした。

とくに抗酸化ビタミンである「ビタミンA(βカロテン)」「ビタミンE」「ビタミンC」は、死亡原因1位の心疾患、2位の脳卒中のリスクを減らすため、青汁や緑黄色野菜を意識して取り入れましょう。

また、葉酸も青汁や緑黄色野菜が得意とする栄養素です。

ただし、ビタミンB群は豚肉・鶏肉・赤身魚を食べて補いましょう。

ミネラルについて

ミネラルの摂取状況

「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」「リン」「鉄」「亜鉛」「銅」を確認したところ、

平均摂取量推奨量
(18歳以上)
カリウム2,250mg2,000~2,500mg
カルシウム514mg650~800mg
マグネシウム240mg270~370mg
リン988mg800~1,000mg
7.5mg6.0~7.5mg
※月経時は10.5㎎
亜鉛8.1mg7~10㎎
1.12mg0.7~1.0mg

性別・年齢別の詳細データも確認したところ、

  • カリウムは20~30代で「不足ぎみ」
  • カルシウムは「不足」
  • マグネシウムも「不足」

していました。

カリウムは野菜・果物に多く、カルシウムは牛乳・小魚、マグネシウムは海藻・ナッツ・豆などに多く含まれています。

ミネラルの効果

日本人に不足しがちなミネラルは、

  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム

でした。

ケールは高血圧のリスクを減らす「カリウム」骨粗しょう症のリスクを減らす「カルシウム」「マグネシウム」が豊富な野菜なので、ケール青汁もおすすめです。

食物繊維について

食物繊維の摂取状況

平均摂取量推奨量
(18歳以上)
食物繊維14.4g17g以上

性別・年齢別の詳細データも確認したところ、

  • 食物繊維は60歳までの男女で「不足」

という状況でした。

食物繊維の効果

食物繊維は、

  • 便秘
  • 血糖値の上昇をおさえる
  • 血中コレステロールを下げる

などの美容や生活習慣病に対する効果があるため、積極的に野菜を食べましょう。青汁でも食物繊維を効率的に補えるためおすすめです。

ファイトケミカルについて

ファイトケミカルの効果

ファイトケミカルは、野菜が紫外線や昆虫から身を守るためにつくりだした成分で、野菜の「色・香り・辛味・ねばり」などのもとになっています。

こうしたファイトケミカルには免疫力を上げる効果などが確認されています。

青汁のファイトケミカルでは、

  • ケール:スルフォラファン、インドール3カルビノール
  • 明日葉:カルコン
  • 桑の葉:デオキシノジリマイシン

などが有名です。

カラーセラピーについて

青汁の色効果

青汁の特徴である「緑色」には、健康・安全性などのイメージを与える効果があります。

医薬品の開発において確認される「プラシーボ効果」。プラシーボ効果とは、実際に効果はない偽薬を飲ませたのに、医薬品とおなじような効果がでること。

試験によっては、50%もの人が偽薬なのに症状が改善することもあります。

「病は気から」というようにポジティブな気持ちが与える効果は大きく、それが青汁効果の口コミが多い理由ではないかと考えています。

青汁効果【まとめ】

青汁効果をまとめると、

  • 医薬品的な「病を治療する」効能はない。
  • 目的は「不足する栄養素をおぎなう」こと。
  • ファイトケミカルで免疫力を上げること。
  • プラシーボ効果で症状が改善しやすいこと。

といったことが、青汁を飲むことで得られる効果の一例です。

栄養バランスの乱れは、体や肌の老化現象を進めてしまいます。必要な栄養素を細胞に届けることで、本来あるべき輝きを取り戻すことが青汁の役割です。

ただし、すべての青汁でこうした効果が得られるわけではなりません。なぜなら、飲み方で青汁効果は変わるからです。

そのため、

  • 青汁効果があった!
  • 青汁効果はなかった。

といった声に分かれていきます。

青汁効果が「ある」飲み方

青汁効果の作り方

本来、ケール生葉をしぼった健康ドリンクのことを「青汁」といいます。

岡山県の医師が、戦後の栄養失調に苦しむ人々を救うために生まれたのが「ケール生葉をすりつぶした青汁」であり、それによって青汁効果が広まりました。

昔は自宅の畑でケールを育て、すりつぶした青汁を飲む方も少なくありませんでした。

実際、ケール青汁はどれくらい効果があるのか、

  • 青汁にするケール葉350g
  • 野菜350g分の市販ジュース

の栄養成分を比較したのがこちらです。

ケール1日分の野菜
(伊藤園)
野菜一日これ一本
(カゴメ)
エネルギー98kcal71kcal68kcal
糖質6.6g14.1g13.7g
βカロテン8,000~
15,000μg
4,720~
12,520μg
2,900~
13,000μg
ビタミンC224~504㎎60~155㎎
※ビタミンC添加
非公開
ビタミンE6.7~12.6㎎1.1~4.6㎎2.7㎎
ビタミンK592~1,110μg3~15μg11μg
葉酸336~756μg10~113μg10~83μg
カリウム1,500㎎655㎎700㎎
カルシウム770mg135㎎
※カルシウム添加
39㎎
マグネシウム150mg45㎎
※マグネシウム添加
33㎎
2.2~4.2㎎0.2~1.6㎎0~2.5㎎
亜鉛0.9~1.7㎎0.1~0.6㎎0.3㎎
食物繊維10.4~15.6g0.9~3.1g1.1~2.9g

※ケール葉は、日本食品標準成分表2015年版(文部科学省)を参考に計算。
※野菜ジュースは、公式サイトの栄養成分情報を参考。

ご覧のとおり、野菜ジュースは加工されているとはいえ、おなじ350gの野菜をもとにしたデータとは思えないほどケールの栄養価が優れていることが確認できます。

またケールは糖質も低く、より健康的なことが分かりますよね。

けれども冷凍青汁や粉末青汁など、より簡単に飲める青汁が出てきたことで、ケール生葉をすりつぶして飲む人はほとんどいなくなりました。

デメリット

青汁効果が得られる「生青汁」の問題点は、

  • ケール生葉をすりつぶすのが面倒なこと。
  • ケール生葉の鮮度維持が大変なこと。

この2点です。

低速ジューサーがあれば効率的に、ラクにしぼることができるため、昔のようにケールをすりつぶして飲む面倒さはなくなりました。

写真は低速ジューサー「ベジフルZ(ゼンケン)」

しかし現在は、ケール生葉を用意することが大変になりました。

ケールは鮮度が落ちやすく、すぐに黄色くなったりしおれてしまう野菜です。畑を持ち、収穫したてのケールが手にはいる環境でなければ習慣にできません。

解決策

青汁効果を期待するなら、自宅で青汁をつくる以外にありません。

しかし、自宅で青汁をつくるために鮮度の良いケール生葉を用意することが難しかった。その問題を解決したのが、こちらのケール生葉です。

※宣伝になりますが、大切な話なので紹介させてください。

ちょらの新鮮ケール|驚きの鮮度で長持ちするケール生葉【通販】

興味のある方は上記リンク先の説明をご確認いただきたいのですが、ケール収穫後にひと手間をくわえることで鮮度を保てるケール葉を提供することに成功しました。

鮮度が1週間は持つため、毎日お家で青汁づくりを楽しめます。

青汁効果が「少ない」飲み方

冷凍青汁

「わざわざ手作りしなくても、冷凍青汁を買えばいいじゃない。」

そのように考えている方もいらっしゃると思います。しかし、冷凍青汁は「しぼりたての青汁ではない」ことをご存知でしょうか?

冷凍青汁は、

  • ケール生葉をしぼって、
  • すぐに冷凍した青汁。

と考えている方が多いのですが、これは間違いです。

冷凍青汁の商品カテゴリは「清涼飲料」に属しており、「清涼飲料」はかならず加熱殺菌することが義務づけられています。

加熱により酵素は失われており、あくまでも足りない栄養素をおぎなう健康ドリンク。

それが、冷凍青汁です。

もし非加熱の冷凍青汁が販売されていたら、保健所に連絡してはいかがでしょうか。その販売会社は、かならず行政指導をもらいます。

粉末青汁

「手作りや冷凍じゃなくても、粉末青汁でも栄養はとれる。」

そう考えている方は多いでしょう。しかし、粉末青汁の多くは「栄養素がほとんど含まれていない」ことをご存知でしょうか?

粉末青汁の多くは、

  • 栄養価のない添加物が主体
  • 添加物の影響で水のように薄い
  • 薄味を補強するために甘味料も添加
  • 色を濃くするために緑茶などで着色
  • 薄くて甘いお茶なので飲みやすい

青汁の姿をした、ほとんど栄養価のない粉末です。

青汁効果が期待できる手作り青汁から、より簡単な冷凍青汁へ移りゆくなかで、「青汁は健康に良い」というイメージが定着しました。

その「青汁=健康」というイメージだけを利用したのが粉末青汁です。

できるだけ①栄養価のない添加物を配合することで大幅なコストダウンを実現し、②薄い味を利用して「子どもでも飲みやすい!」と宣伝③乳酸菌などの効果をイメージしやすい成分をちょっとだけ配合する。

こうして青汁効果のない、健康イメージだけ先行した粉末青汁が主流となりました。

それが「青汁効果がなかった」という口コミが増えた原因です。

青汁効果を底上げする方法

冷凍青汁の場合

冷凍青汁は加熱する必要があるため、これ以上、効果を上げることは難しいです。

しかし、冷凍青汁を解凍する手間が平気なのであれば、ケール生葉をジューサーにかけた「ケールスムージー」をおすすめします。

ミキサーにケールを入れるだけ!

栄養凝縮された生ジュースに!

「これが青汁か!」と痛感するほど、青汁効果を一瞬で細胞に届けます。

粉末青汁の場合

粉末青汁を飲むなら、添加物のない無添加青汁を選びましょう。

しかし、これがとても難しいです。

なにせ「健康イメージそのまま添加物で安くつくれる」ことを、つまり金儲けできることを大企業から個人(青汁王子など)まで気づくようになりました。

そのため広告競争が激しくなり、無添加青汁を目にする機会はほとんどありません。

青汁探しで困っている方のために用意したのが、

※宣伝になりますが、大切な話なので紹介させてください。

ちょらの青汁|ケールの栄養素を手軽に補える無添加青汁【通販】

こちらの青汁です。無添加青汁のNo.1を目指したので、

  • 青汁効果を期待できるケールの青汁
  • 無農薬・露地栽培されたケール
  • 栄養の濃い緑葉の栄養素を凝縮
  • 溶かしやすい無添加を実現
  • 携帯しやすいスティック分包

これ以上がないように、青汁製造ノウハウをすべて注ぎ込みました。

青汁効果について補足
青汁効果を求めるなら、生搾り青汁やケールスムージーが一番です。冷凍青汁や粉末青汁は、あくまで不足しがちな栄養素を補助するドリンクなのでご注意ください。

青汁効果を活かす方法

おすすめの食生活

最初にもお伝えしましたが、

現代の日本人に足りない栄養素を確認すると、

  • もっと「緑黄色野菜」を食べること
  • もっと「肉や魚」を食べること

この2点がとても重要なことだと分かります。

日々の食生活で「緑黄色野菜」を増やすなら、青汁(ただし効果を期待できるもの)ほど効率的でラクな方法はありません。

青汁効果が期待できる青汁で、人生100年時代を健康に過ごしていきましょう。

さいごに

ケール青汁とケールスムージー。

この2種類の健康飲料で、我が家の人生は変わりました。

家にいても、外出先でも。

どんな気分、どんなシチュエーションでも。

ケールの栄養成分を手軽に取り入れることができたおかげで、家族みんなの笑顔が増えたんです。気持ちまで健やかにする青汁生活を、ぜひお試しください。

 

というわけで、以上です。

ケール青汁の効果で、皆様が幸せにつつまれることを願っています。