「広告代理店のみなさまへ」

日曜日の朝、夢中になる子どもに押されて作りすぎた生搾り青汁。

青汁を二杯分つくろうかな。

おもむろにベジフル(コールドプレスジューサー)を起動すると、子どもたちが狭い部屋のなか我先にと寄ってきたので任せました、ケール搾り。

ケール生葉をシンクで洗ってカットしては、ボウルに入れて子どもたちに渡す。

すぐに飽きるだろうと思って見ていたのですが、「まだあるの?早く切って!」と言われるがまま次から次へとケール生葉を渡していたら、約20枚すべて使いきっておりました。

いやはや、こんなに誰が飲むのでしょう。

とりあえず、グラスに注いで生搾り青汁をゴクリ。

くぅ、効くねー!

体の中から若返ってる(気がする)。

夏は爽快な苦味、これから冬にかけて甘く、ジュースのような味わいへと変わっていくのが楽しみです。

さすがに作りすぎて、全部ストレートで飲むのは大変だったので牛乳割りも作りました。

これが、また旨い。

飲みやすくなるのはもちろんですが、フレッシュなケールが口の中にしっかりいる。めちゃくちゃ健康的な牛乳ですがな。

子どもたちはこっちの方が好みのようで。なんだかんだ生搾り青汁をすべて飲み干してしまって、ちょっと贅沢しすぎたかな(貧乏性なわたくし)。

ケール生葉は週末に取り寄せて、ベジフルジューサーで数日分の青汁をつくって、タッパー容器で冷凍するのが良さそうですね。あえてケール生葉を何枚か残しといて、その日の晩御飯で使っても良さそう。

にしても、露地栽培で無農薬なケールの有り難みよ。

緑が濃くて、味も濃い。

本当、このケール好きだわ。

出荷時の形とかダンボール箱のデザインとか細かいとこ決めて、今月中の販売を目指そう。

はやく一消費者としても、ケール生活を楽しみたいです。