「広告代理店のみなさまへ」

ケール畑散策!ちょらの青汁原料《自然農法ケール》の生育状況

名張(三重県)で栽培している自然農法ケール。

「ワイルドだろ~。」

「思わず、その場でちぎって食べちゃったぜ~。」

農薬つかってないから、気にせず食べてしまいました。お味もワイルド、キャベツのようなブロッコリーのような、あいかわらず個性的でおいしいワイルドケール。

こちらは5月に移植されたワイルドケール。

思わず、

「がんばれよ!雑草に負けるな!」

と呟いちゃった。

続いてこちらが3月に移植されたワイルドケール。

下葉を適宜収穫されながら、すっくと伸びた美しいスタイル。

肉厚で味の濃いケール葉から、ちょらの青汁がつくられていることに喜びと感謝ですね!見守ってくださっている農家さんに心から御礼申し上げます。

農家さんがまた、明るくて責任感のある素敵な方々なんですよ。

そりゃあケールも、羽を伸ばして活発に育っていくわけよね。見ているだけでヨダレがでちゃって、ケール生葉を何枚かいただいて我慢できずに調理しちゃいました!

鶏肉と一緒に、オリーブオイルをたっぷり使ったワイルドケールの炒め物。食べごたえが抜群、噛むほどに味が染みでてビールがすすみます。

このケールを体感する度に、市販のケールにはない生命力の強さに心打たれるんです。

だから粉末青汁だけじゃなく、ケール生葉や搾りたての青汁などをお客様にお届けして、この感動を体験してもらいたい気持ちに駆られていまして。

じつは、こっそり新商品の企画開発をはじめてるんですよ。