「広告代理店のみなさまへ」

豆乳坦々鍋に麻辣ドレッシングで和えたサラダを加えて味に深みを。

30歳になったころ、牛脂がダメになった。

霜降りの和牛を「おいしい!おいしい!」と言って食べても、数時間後にはお腹をくだしてしまう。ゲリラ豪雨のように予告なく襲ってくるため大変だ。

1時間くらいはトイレに引きこもってしまう。

おなじように、40歳になってからは唐辛子もダメになってきた。

外食で担々麺を食べてもお腹の調子が悪くなってきた。きっとパンチの効いた唐辛子の味を求めてしまうからだと思う。

だけど、担々麺の「胡麻、酢、麻辣」な味はどうしても食べたくなる。

そんなとき、クックパッドでこんなレシピを見つけた。

参考 優しい味★我が家の豆乳鍋♪クックパッド

「お腹にやさしい豆乳鍋でもつくろうかな。」

最初はそう考えていたが、見ているうちに「この鍋に練り胡麻をくわえたあとに、麻辣なケールサラダをいれて煮込んだら野菜たっぷり坦々鍋になる」ことに気がついた。

せっかく食べるなら盛りつけも美しくありたいが、鍋物はいつもごった煮のようになって美しくならない。だけど緑が鮮やかなサラダをのせれば美しく映えるはず。

鍋の具材は鶏肉、白菜でシンプルに仕上げて。

早速、鍋にいれる麻辣ケールサラダをつくっていこう。

基本のケールサラダ(2人前)

  • ケール:100g(2枚ほど)
  • サラダ食材:100g
  • オイル:大さじ1杯
  • 塩&砂糖:各々ひとつまみ
  • 酢:大さじ1杯
  • フレーバー:自由に!

ケールとサラダ食材をあわせて2人前200gを目安に、多少増えても大丈夫。

参考:サラダ食材
野菜100gなら、たまねぎ1/2個、にんじん1/2本、トマト1/2個、アボカド1個、レタス1/4個、セロリ1茎、リンゴ1/2個、ブロッコリー1/4株など。そのほか、お刺身や練り物、ゆで豚、豆腐、豆などもおすすめ。
参考:酢について
酸度がまろやかな米酢やリンゴ酢、ワインビネガー、レモンなどの柑橘類がおすすめ。
フレーバーの例
黒胡椒(挽きたて推奨)、にんにく(すりおろし)、しょうが(すりおろし)、マヨネーズ、はちみつ、メープルシロップ、ヨーグルト、粉チーズ、サワークリーム、マスタード、バジル、醤油、味噌、アンチョビ、シラチャーソース、サルサソース、ナッツ、練りごま、EXVオリーブオイル、胡麻油、ケイパー、梅干し、ピクルスなど。

サラダ食材や酢、フレーバーを気分やノリで変えて多様なサラダを生み出しましょう。

本日のケールサラダ

レシピは2人前で書いていますが、写真は倍量つくったものです。

STEP.1
調味料をいれる
・オイル:老干媽のラー油(風味豆鼓)を大さじ1杯
・塩&砂糖:各々ひとつまみ
・酢:鎮江香醋を大さじ1杯
・フレーバー:なし


STEP.2
ケールとサラダ食材をいれる
・ケール:1枚
・サラダ食材:春菊を1束(200g)

春菊を多めに、ケールを少なめにいれる。

ケールを入れることで春菊の香りはそのままに、ケールの食感がアクセントなって美味しくなります。

最後に、トングでよく混ぜ合わせれば完成です。

そして、これを豆乳担々麺にいれます。

グツグツ煮込んでいくほどにケールサラダがスープになじみ、酸味や香りが飛ばずにフレッシュな状態でいただけます。

スープの味わい、春菊の風味、ケールの食感。

もう、最高です。

豆乳鍋にすると、どうしても豆腐のカスのようなものがスープに浮かんで見栄えがわるくなりますが、ケールサラダをのせれば隠せて美しくなる。

見た目にもおいしい豆乳担々麺with麻辣ケールサラダ。

はぁ、うますぎる。