「広告代理店のみなさまへ」

おいしい美肌ランチ!紫玉ねぎとケールで抗酸化サンドイッチを堪能!

パン屋さんのサンドイッチの中でも特に、フランスパンを使って作っている物って食欲をそそられます。

いかにも旨そうだし、お腹は満足しそうだし、なおかつオシャレに見える!

私もオシャレサンドイッチを作ってみようと思います。

中に入れる材料はこちら↓

やっぱりここはケールでしょう。

たんぱく質もとりたいのでベーコンと、

そしてオシャレに見えると言えば紫の食材でしょうか?

紫キャベツに紫玉ねぎ、インスタを見ていると何かとよく目にします。

今回は、玉ねぎの方を使います。

紫玉ねぎは普通の玉ねぎには含まれていない成分があるんです。

紫といえば。。。

「アントシアニン」です。

<アントシアニンとは>

ポリフェノールの一種です。

抗酸化作用があり、その効果はビタミンCよりも安定した作用が得られます。
さらに、コラーゲンを安定させる作用もするのでみずみずしいお肌を保つためにも働きかけます。
また、毛細血管を保護して血流を促進させたり、内臓や血中の脂肪をたまりにくくする成分でもあります。
更には血糖値の上昇を抑えて高血圧予防に、抗酸化作用で目の水晶体を守り白内障予防も期待できます。

アントシアニンが入っている食品は、ブルーベリーだけではないんですね。

紫玉ねぎは、映えるだけではなかったんです(笑)

抗酸化作用と言えば、ケールにもあるんです!

ダブル抗酸化パワーで美容と健康にこの上なくいいサンドイッチができそうです。

 

まずは、ベーコンを炒めます。このベーコン、私が仕込んで燻製した自家製です。

もう何回目だろうか自慢じゃないけどドンドン腕が上がってるんです。ヒッヒッヒッイェーイ!!!

参考までに。

<燻製ベーコン材料と作り方>

・豚バラ塊肉

・砂糖  肉の0.5%

・塩   肉の2.0%

砂糖と塩を肉にすり込んで5~7日間冷蔵庫でねかせて燻製するだけ。簡単です。

これを作るようになってからスーパーのベーコンを買う機会がぐっと減りました。
この味を超えるものがないんです、恐るべし自家製燻製ベーコン。

うううう旨いんです、本当に!

肉汁ブクブク。この油は最後に細切りケールの上にかけるのでじっくりとカラッと炒めていきますよ。

出来上がったベーコンを最初にのせて紫玉ねぎをのせて、そしてケールものっけてってしてたらこんなにでっかくなっちゃった。

顎が破裂するんじゃなかろうかってくらい大口あけて食べたけど一気には食べられず、それならばとパンの方をよせて寄せて食べることに。

こんな風に力ずくで野菜をパンの中におしこんで、力ずくでパンの端とはしをよせます(笑)

そして一気にかぶりつきます。

美味しいこと、この上なし。

紫玉ねぎとケールって色合いのみならず、味の相性もばっちりです。

夫婦二人で25cmはある1本のフランスパンサンドイッチを半分づつ食べました。

満足いくランチでした(そんだけ食べれば…と言われそうですが)。

ごちそうさまでした。