牛肉の代わりにケールを食べた方が良い10個の健康効果

はじめに

ツイッターでケールに関する情報を目にしたのでシェアしますね。

参考 ケールを牛肉の代わりに、毎日の食事に追加すべき理由とは。Seattle Organic Restaurants

上記サイトによると、ケールは鉄・カルシウム・オメガ3・オメガ6の脂肪酸が豊富に含まれる、緑豊かで抗炎症性の素晴らしい野菜で、ケールは牛肉よりも鉄分が多く、心臓病、関節炎、癌の予防に役立つ食物繊維の素晴らしい供給源とのこと。

ケールの健康効果は、次のとおり。

  1. 抗炎症効果のある素晴らしい食材
  2. 心血管の健康を助けてくれる
  3. 免疫システムを強化する
  4. 食物繊維デトックスに役立つ
  5. とにかく栄養豊富
  6. 心や性生活に良い影響を与える
  7. お肌と髪を健康的にみちびく
  8. 骨を丈夫にする
  9. 目の健康に役立つ
  10. お通じを改善する

ひとつひとつ具体的にみていくと、

ケールの健康効果とは

1.抗炎症効果のある素晴らしい食材

ケールは、喘息・自己免疫疾患・関節炎を予防するオメガ3脂肪酸が豊富な食材だ。

と書かれているのですが、ちょっと言いすぎですよね。オメガ3脂肪酸ならケールではなくても、小松菜やブロッコリー、ほうれん草にも含まれていますし。そもそもオメガ3脂肪酸なら、やっぱり青魚やクルミなどに比べれば、ケールのオメガ3脂肪酸量なんて大したことありません。

きっと牛肉大好きなアメリカ人向けに、牛肉よりも肉厚のケールを食べろ!

ってことだと思います。

日本人は逆に、もっとお肉(もちろん魚も)を食べたほうが健康になれますよ。

2.心血管の健康を助けてくれる

ケールは悪玉コレステロールを減らし、心臓病や脳卒中のリスクを下げることができる。

ケールがコレステロールに良い影響を与える論文、よく見ます。

3.免疫システムを強化する

ケールにはカロテノイドやフラボノイドといった抗酸化物質が豊富なので、発がん物質を除去して、ガンを予防する効果がある。

これは昔から言われていますよね。

ケールだけじゃなく、ブロッコリーやニンニクもガン予防に効果的な食材。

4.食物繊維デトックスに役立つ

食物繊維の不足は、心臓病・ガン・消化器官系などの慢性疾患につながるリスクが高まるので、ケールを食べて食物繊維を補いましょう。

とのことですが、ケールだけじゃなく、積極的に野菜や海藻を食べていきたいですね。

5.とにかく栄養豊富

ケールは牛肉より鉄分が多く、ビタミンKやカルシウム、オメガ3脂肪酸も豊富。

それだけじゃなく、ほかのビタミン・ミネラルも野菜のなかでも豊富ですよ。

6.心や性生活に良い影響を与える

ミネラルの吸収を高めて副腎の代謝を改善、最終的に性機能を改善してくれるビタミンCやビタミンAがケールにはたくさん含まれるとのこと。また、前向きな気分にしてくれる栄養素がケールにはバランスよく含まれているそうです。

7.お肌と髪を健康にみちびく

ケールにはビタミンAをはじめ抗酸化成分が豊富なので、フリーラジカルや毒素のダメージを減らして老化プロセスを抑えてくれるとのこと。

また、ケールは頭皮の血液循環を助けて髪の成長を促進するそうです。

ちなみにキャベツは毛包を強くしてくれるらしいので、髪でお悩みの方はケールとキャベツを食べると良いそうな。

8.骨を丈夫にする

ケールに含まれるビタミンKやカルシウムは骨を丈夫にしてくれます。

9.目の健康に役立つ

ケールには、ルテインやゼアキサンチンといったカロテノイドが含まれるため、紫外線による目の損傷を防いでくれるとのこと。

10.お通じを改善する

食物繊維のおかげで、お通じが改善するとのこと。

これはケールだけじゃなく、野菜全般に言えますよね。

まとめ

いろんな健康効果について書かれていましたが、正直、ケールではなくても、どんな野菜にも含まれる成分だったりするので、要は「野菜を食べよう!」と理解しました。

そしてケールは野菜のなかでも栄養豊富な野菜であることは確かなので、野菜の健康効果を手にいれるならケールはとっても効率的な野菜だと考えています。

しかも肉厚なので、本当においしいケールと出逢ったら幸せ。

とりあえず、どんな料理にもケールを入れておけば彩りも味わいも鮮やかになるんですよね。本当に、お肉を食べてるような食べごたえなので満足感もケールは凄いです。

みんなでケールを食べましょう!