「広告代理店のみなさまへ」

ケールと野菜を徹底比較!美容と健康、両方に役立つ野菜No.1とは

はじめに

野菜の王様といわれている「ケール」。

ケールに注目するようになった理由が、体や肌を酸化から守ってくれる

  • βカロテン(ビタミンA)
  • ビタミンC
  • ビタミンE

といった抗酸化ビタミンと、骨を健康にする

  • カルシウム
  • マグネシウム

といった骨太ミネラルが豊富に含まれていることでした。

つまりケールは老化や肌のハリはもちろん、骨粗しょう症にも役立ち、美容と健康の両方に効果的な野菜だと知ったのです。

ケールは、アンチエイジング(若返り)効果の高いスーパーフード。

実際のところ他の野菜と比べてどうなのか、抗酸化ビタミンと骨太ミネラルは多いのか。

野菜を

  • 根菜
  • 果菜
  • 葉菜

の3種類にわけて、それぞれケールと栄養比較を行ってみました。

ケールと根菜の栄養比較

根菜から選抜したのは、

  1. だいこん
  2. にんじん
  3. じゃがいも
  4. かぶ
  5. ごぼう
  6. さといも
  7. れんこん
  8. さつまいも

以上、8種類の根菜とケールの栄養価を比べてみました。

※根菜は「生・皮付き(ごぼう、さといも、れんこんを除く)」で栄養価を算出。

抗酸化ビタミン

(100gあたり)βカロテン
(ビタミンA)
ビタミンCビタミンE
ケール2,900μg81㎎2.4㎎
だいこん0μg12㎎0㎎
にんじん8,600μg6㎎0.4㎎
じゃがいも2μg28㎎0㎎
かぶ0μg19㎎0㎎
ごぼう1μg3㎎0.6㎎
さといも5μg6㎎0.6㎎
れんこん3μg48㎎0.6㎎
さつまいも40μg25㎎1.0㎎

代表的な根菜とケールの抗酸化ビタミンを比べてみたところ、

  • にんじんが、βカロテンでのみケールに勝る

という結果でした。

一般的な根菜では、抗酸化ビタミンはケールの圧勝のようです。念のために、にんじんについては骨太ミネラルもケールと比べてみましょう。

骨太ミネラル

(100gあたり)カルシウムマグネシウム
ケール220㎎44㎎
にんじん28㎎10㎎

カルシウム、マグネシウムともに、ケールの圧勝でした。

骨粗しょう症の予防にも、一般的な根菜よりも、ケールが優れているようです。

つづいては、果菜とケールを比べてみましょう。

ケールと果菜の栄養比較

果菜から選抜したのは、

  1. トマト
  2. ナス
  3. かぼちゃ
  4. きゅうり
  5. ピーマン
  6. ブロッコリー
  7. カリフラワー
  8. オクラ

以上、8種類の果菜とケールの栄養価を比べてみました。

抗酸化ビタミン

(100gあたり)βカロテン
(ビタミンA)
ビタミンCビタミンE
ケール2,900μg81㎎2.4㎎
トマト540μg15㎎0.9㎎
ナス100μg4㎎0.3㎎
かぼちゃ4,000μg43㎎4.9㎎
きゅうり330μg14㎎0.3㎎
ピーマン400μg76㎎0.8㎎
ブロッコリー810μg120㎎2.4㎎
カリフラワー18μg81㎎0.2㎎
オクラ670μg11㎎1.2㎎

代表的な果菜とケールの抗酸化ビタミンを比べてみたところ、

  • かぼちゃが、βカロテンとビタミンEでケールに勝る

という結果でした。

また、

  • ブロッコリーは、ビタミンCでのみケールに勝る

という結果でした。

一般的な果菜では、かぼちゃを除いて、抗酸化ビタミンはケールの圧勝のようです。

そのため、かぼちゃに加えて、念のためにブロッコリーも骨太ミネラルをケールと比べてみましょう。

骨太ミネラル

(100gあたり)カルシウムマグネシウム
ケール220㎎44㎎
かぼちゃ15㎎25㎎
ブロッコリー38㎎26㎎

カルシウム、マグネシウムともに、ケールの圧勝でした。

骨粗しょう症の予防には、一般的な果菜よりも、ケールが優れているようです。

比べたところ、

  • 抗酸化ビタミンは「かぼちゃ」
  • 骨太ミネラルは「ケール」

という結果になりました。ただ、

  • ケールは抗酸化ビタミンも豊富
  • しかし、かぼちゃは骨太ミネラルが少なすぎる

という状況をみると、アンチエイジング(若返り)効果を求めるならば、ケールを中心に食べた方が良さそうですね。

つづいては、葉菜とケールを比べてみましょう。

ケールと葉菜の栄養比較

葉菜から選抜したのは、

  1. ねぎ
  2. しゅんぎく
  3. レタス
  4. キャベツ
  5. こまつな
  6. たまねぎ
  7. セロリ
  8. ほうれんそう
  9. はくさい

以上、9種類の果菜とケールの栄養価を比べてみました。

抗酸化ビタミン

(100gあたり)βカロテン
(ビタミンA)
ビタミンCビタミンE
ケール2,900μg81㎎2.4㎎
ねぎ83μg14㎎0.2㎎
しゅんぎく4,500μg19㎎1.7㎎
レタス240μg5㎎0.3㎎
キャベツ50μg41㎎0.1㎎
こまつな3100μg39㎎0.9㎎
たまねぎ1μg8㎎0.1㎎
セロリ44μg7㎎0.2㎎
ほうれんそう4,200μg35㎎2.1㎎
はくさい99μg19㎎0.2㎎

代表的な葉菜とケールの抗酸化ビタミンを比べてみたところ、

  • しゅんぎくが、βカロテンでのみケールに勝る
  • こまつなが、βカロテンでのみケールに勝る
  • ほうれんそうが、βカロテンでのみケールに勝る

一般的な葉菜では、抗酸化ビタミンはケールの圧勝のようです。念のために、しゅんぎく・こまつな・ほうれんそうについては骨太ミネラルもケールと比べてみましょう。

骨太ミネラル

(100gあたり)カルシウムマグネシウム
ケール220㎎44㎎
しゅんぎく120㎎26㎎
こまつな170㎎12㎎
ほうれんそう49㎎69㎎

代表的な葉菜とケールの骨太ミネラルを比べてみたところ、

  • ほうれんそうが、マグネシウムでケールに勝る

という結果となりました。

  • 抗酸化ビタミンは、ケールの圧勝
  • 骨太ミネラルは、ケールとほうれんそうが互角

という状況をみると、葉菜においても、アンチエイジング(若返り)効果を求めるならばケールを選んだ方が良さそうです。

ケールと野菜の栄養比較【まとめ】

ご覧のように、ケールと25種類の根菜・果菜・葉菜の栄養を比べてみました。

その結果、アンチエイジング(若返り)効果を求めるなら、

  • 根菜よりも、ケール
  • かぼちゃを除き、果菜よりもケール
  • 葉菜よりも、ケール

という内容に。

かぼちゃは、抗酸化ビタミンは豊富なものの、骨太ミネラルが少なすぎるため、総合的な栄養バランスを考えると、

アンチエイジング(若返り)にはケール

という印象を持ちました。

皆さまは、どのようにお感じになられたでしょう?

我が家はこれからも、野菜の王様「ケール」を愛用していきまーす!