お問い合わせ

一人暮らしの野菜不足を青汁で解消するときに注意すべき事

一人暮らしの野菜不足を解消する方法として、野菜の選び方や冷凍保存する方法、野菜をおいしく食べるレシピを紹介している情報をよく見ます。

しかし、それができるのならば、そもそも野菜が不足することはありません。

そこで一人暮らしをタイプ別にわけて、心がけを変えるだけで野菜不足を解消する方法を整理しました。

はじめに

一人暮らしで野菜不足を心配されている方を、

  • 自炊派
  • 中食派
  • 外食派

に分類して対策を考えることにしました。

ただ、実際はどれかひとつにこだわるよりも、自炊、中食、外食を組み合わせて暮らしていると思いますので、

  • 自炊のときに心がけること
  • 中食のときに心がけること
  • 外食のときに心がけること

という3つに分けて情報を整理しています。

一人暮らしの野菜不足について

自炊するときの心がけ

野菜たっぷりの常備菜をつくれれば理想的。

けれど、一人暮らしであれこれ料理するのは本当に大変なので、常備菜をつくるほど余力がないときは、できるだけ汁物も作るように心がけましょう。

  • 和食なら、ほんだしと味噌
  • 中華なら、鶏がらスープの素
  • 洋食なら、コンソメの素

があれば、あとは旬の野菜を一口サイズに切って煮込むだけです。

水にダシの素をいれて、具材をいれて沸騰させたあと放っておけば、おかずを作っている間に火も通りますし、冷めて適温になるので料理の負担も少ないです。

参考までに味噌汁は、食べる直前にいれると味噌の香りが飛びません。

さらに青汁があれば、栄養バランスは整います。

ただし、一般的な青汁には栄養がほとんど含まれていないため、ちょらの青汁【粉末】をおすすめします。くわしくは後半で、情報を整理しています。

中食するときの心がけ

デパ地下などで、野菜たっぷりのおかずを買うのが理想的。

けれど忙しくて、コンビニやスーパーのお弁当などで済ませてしまうときは、できるだけ惣菜も買うように心がけましょう。

今はコンビニでも、切り干し大根やひじき煮、うの花やきんぴらなどの根菜や乾物、豆をつかったチルド惣菜が安価に販売されています。

弁当屋なら、サラダよりも豚汁などの具沢山スープを買い足しましょう。

日本人の多くは食物繊維がまったく足りていないことが、厚生労働省の調査で分かっています。中食では炭水化物と肉に偏りやすいため、惣菜や具沢山スープをおすすめします。

また、繰り返しになりますが、さらに青汁があれば栄養バランスは改善されます。

くわしくは後半でまとめます。

外食するときの心がけ

自然食のレストランやカフェなどで、野菜たっぷりの食事をするのが理想的。

けれど、どうしても炭水化物や肉料理を楽しみたいときは、

  • レストランや居酒屋なら野菜や豆の前菜も注文
  • チェーン店なら野菜を追加トッピング
  • 定食屋なら納豆や豚汁を追加

といった具合に、意識的に野菜をとりましょう。

また、お店で選択できるのであれば、主食を玄米や全粒粉、蕎麦といった精白されていない穀物をつかった主食に変えてもらうのもおすすめです。

けれど、どうしても外食だけだと野菜が不足しやすいため青汁がおすすめです。

青汁と野菜ジュース

野菜不足を解消する商品は、いろいろと販売されています。

そのなかで、なぜ青汁がおすすめなのでしょうか。

どちらを選ぶべきか

野菜不足をおぎなうために、

  • 青汁(粉末、冷凍)
  • 野菜ジュース
  • 人参ジュース

といった商品が有名ですが、どれを選ぶか悩む方も多いと思います。

そこで厚生労働省の国民栄養調査をもとに、日本人が不足しやすい栄養素「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンC」「カルシウム」「食物繊維」を例にくらべてみました。

 ビタミンAビタミンDビタミンCカルシウム食物繊維
青汁(粉末)××××
青汁(冷凍)××
野菜ジュース×××
人参ジュース×××

ご覧のように、日本人にあった野菜飲料をランキングすると、

  1. 青汁(冷凍)
  2. 野菜ジュース
  3. 人参ジュース
  4. 青汁(粉末)

野菜不足を解消するのに最も役立つのは冷凍青汁です。

しかし、冷凍青汁でさえも「ビタミンD」と「食物繊維」の解消には役立ちません。

そこで開発したのが、ちょらの青汁(冷凍&粉末)です。

ちょらの青汁(生葉タイプ)

ちょらの青汁【生葉】鮮度が2週間持つケール葉(要冷蔵)

ちょらの青汁(生葉タイプ)を、さきほどの比較表に入れるとこうなります。

 ビタミンAビタミンDビタミンCカルシウム食物繊維
ちょらの青汁
生葉タイプ
×
青汁(粉末)××××
青汁(冷凍)××
野菜ジュース×××
人参ジュース×××

ご覧のように、ちょらの青汁【生葉タイプ】で青汁をつくれば、ビタミンD以外の栄養不足を改善することができます。

しかしながら一人暮らしの場合、ジューサーで一人分の青汁をつくるのは大変です。

そのため一人暮らしの方は、ちょらの青汁【粉末タイプ】をおすすめしています。

ちょらの青汁(粉末タイプ)

ちょらの青汁【粉末】青汁よりも栄養を補えるケール青汁

先ほどの比較表で、もっとも野菜不足に役立たなかった粉末青汁。

にもかかわらず、ちょらの青汁【粉末タイプ】をおすすめするのには理由があります。

そもそも市販の粉末青汁が野菜不足にまったく役に立たない理由は、添加物をつかうことで栄養成分が薄まっているからです。

ちょらの青汁【粉末タイプ】は広告宣伝費をおこなわず、その分のコストを原材料に振り分けているため、安価にカサ増しできる添加物に頼らず、栄養素を凝縮させています。

 ビタミンAビタミンDビタミンCカルシウム食物繊維
ちょらの青汁
粉末タイプ
×
青汁(粉末)××××
青汁(冷凍)××
野菜ジュース×××
人参ジュース×××

青汁と食生活

一人暮らしの野菜不足には、ちょらの青汁【粉末タイプ】がおすすめす。

  • 生葉のようにミキサーが要らない
  • 冷凍のように解凍する必要がない
  • ジュースのように買いに行く必要がない

それでいて日本人が不足している栄養素を、しっかりおぎなえます。

ただし、食物繊維だけは満たすことができません。

食生活が豊かになって玄米や豆といった食材を食べることが少なくなったため、食物繊維については食生活を見直さないかぎり、解消するのは困難です。

「これさえ飲めば大丈夫!」

残念ながら、そういった商品はありません。

けれど、ちょらの青汁【粉末タイプ】を飲みながら、食物繊維を意識した食生活を過ごすことで、一人暮らしでも栄養不足は改善されます。

また、一人暮らしの方は「朝食を食べない」ことが厚生労働省の調査で分かっています。

普段、朝ごはんを食べない方は、まずは

  • ちょらの青汁【粉末タイプ】
  • コンビニのチルド惣菜

を朝ごはんにするだけでも野菜不足は解消に向かいます。

一人暮らしの野菜不足に悩まれている方は、ぜひお試しください。