「広告代理店のみなさまへ」

「ななチキ&コロッケ(セブンイレブン)」を青汁化して、一息つく。

病院の帰りにセブンイレブンで買った「ななチキ」と「コロッケ」。

今日は、次男坊の左足(人差し指)にできた軟骨腫の切除手術から3週間目にあたる、待ちわびた検診日だった。

めったにガン化することはない腫瘍だけど、病理検査の結果「良性」だと聞いて、そしてX線撮影の結果も再発している様子はないと聞いて、たまった息がおおきく漏れた。

こればかりは天命に任せるしかない。

そう理解はしていても、再発していたら指先の切除になるため心配していた。

(これで、心のモヤモヤがだいぶ晴れた。)

なんともいえない気だるさを感じながら、ななチキをケールで包んでゆく。

トッピングは、

  • サルサソース
  • ハラペーニョ

どちらもカルディで売られているもの。

こういう日は、スパイシーで酸味のあるものを食べて疲れをとりたい。

ケールの葉でサイドから包んで、下の茎から上へと包んでいく。これ以上、生唾を飲みこむことはない。思いっきりかぶりつく。

ぷはぁ。うまい。

スパイシーな酸味が喉元(のどもと)から指先に向けてゆき渡り、疲れが抜けていく。

はぁ。思わず、おおきなタメ息をついた。

このままコロッケもいただこう。

コロッケはソースとマヨネーズで。

調子にのってかけすぎて、ちょっぴり味が濃くなってしまった。

それにしても安心した。

まだ経過観察は必要だけど、安心しました。