「広告代理店のみなさまへ」

刺激はいかが?「あっ、唐辛子だ。」ケールとたまごの青汁ごはん。

ジュワー、パチパチパチ。

ちいさな生唐辛子が音を立てているところに、3個分の溶きたまごを流しいれた。

封筒をとめるシーリングスタンプのように、たまごが外側から盛り上がる姿は、いつ見ても気持ちがいい。幸せにするよね、たまごの色って。

「あー、いい匂い。唐辛子も入れたの?」

「そうそう、ちょっと刺激が欲しくてさ。」

「おいしそう。はやく食べたいね。」

料理をつくっている時の、妻との何気ない会話がとてもうれしい。好きな時間がゆっくりと流れていく。半熟になったところで、たまごを崩しながらケールを入れた。

少しずつ、少しずつ。

新鮮な緑色が、健康そうな緑色に変わっていった。

これもまた、幸せにする色。好きな色。

火を止めて、塩コショウを振りかける。

お皿に移したら、かつお節を盛り付けて、醤油をまわしかけて完成。

つかったケールは、4枚。

ごはんは、なし。

低糖質な食事だから、食べたあと眠たくならないし、なによりダイエットにも効果的だ。妻といっしょに食べたケールは、今日もおいしかった。

シャキッ。

「あっ、唐辛子だ。辛いっ。」

ちょっと刺激的な、おいしい青汁ごはん。