青汁は効果なし!?ウソの効能ばかり「青汁効果」驚きの真実!

効果の高い青汁3タイプとは

パウチ袋タイプの青汁

ひとつ目は、ドカッとパウチ袋タイプの青汁です。

原料をなにもせずドカッとアルミパウチにいれた青汁で、よくアマゾンで売られています。

値段は安いのですが、難点は粉をすくってコップにいれる際にブワッと舞いやすいこと。こぼしたら最悪、あたり一面が緑色になっちゃいます。

そして、なんといっても水に溶けづらくてストレスになる青汁。

つまり、

  • 濃くて効果は得られる
  • しかし使い勝手が悪い

が特徴の青汁となっています。

1杯ごとに個包装タイプ

ふたつ目は、1杯ごとに個包装タイプの青汁。

1杯ごとに個包装に詰めて、1箱に30袋とか入っているタイプの青汁です。

この1杯分を個包装に詰めるのがクセモノでして、ふつうは添加物をつかって青汁効果を薄めないとできません。

そのため、このタイプは効果の高い青汁にめったに出会えません

ただし、パウチ袋にドカッとちがって溶けやすくする添加物を使っているため、サラッと水に溶けて使い勝手のいい青汁に仕上がっています。

つまり、

  • 薄くて効果は低い
  • しかし使い勝手はいい

が特徴の青汁となっています。

冷凍された青汁

最後は、冷凍されたタイプの青汁です。

しぼりたてを冷凍されていることが多く、濃くて効果は高くなります。

ただし解凍されると同時に劣化がはじまるので、その都度、水でもみこみながら溶かして飲む必要があります。冬は水が冷たくてツライのが難点。

それがストレスにならないなら、間違いなく冷凍タイプを選ぶべきです。

参考までに、当店で販売している「ちょらの青汁」は、

  • パウチ袋タイプの濃さ
  • 個包装タイプの溶けやすさ

それぞれのメリットを最大限に活かした粉末タイプの青汁となっています。

ちょらの青汁【公式通販】無添加と無農薬が好きな人に贈るケール青汁

いかがでしたか?

青汁を製造販売している立場で、青汁業界のありのままをご紹介いたしました。

とくに青汁は、継続的に愛用される方が多い商品です。何年も継続して飲み続けるのであれば、よりよい青汁と出逢っていただけることを願っています。

また、青汁の効果効能について、下記も参考になれば嬉しいです。

ぜひ、青汁ライフを満喫してください!