【牛乳は体に悪いの!?】ケールスムージーに入れるべきか考えてみた

こんにちは、きおっちょら農園です。

今日も朝からケール漬け、

  • 生ケール葉
  • りんご
  • バナナ

でケールスムージーをいただきました。牛乳もいれればカルシウムが増えますが、お腹を壊しやすい家族がいるので使っていません。

牛乳を嫌っているわけではないのですが、「牛乳=体に悪い」という噂、たまに聞きますよね。どうやら世界中で噂されているようで、こんな論文が発表されていました。

参考 乳製品摂取と死亡リスクとの関連British Medical Journal

アメリカの医療従事者を対象とした大規模調査を分析した結果、「乳製品の摂取は死亡リスクに影響を与えない」という内容なのですが、そのなかに、

  • 牛乳は「がん死亡リスク」を高める
  • 牛乳は「心血管疾患による死亡リスク」を高める

ことが示されていました。

チーズやヨーグルトなどの乳製品は問題ありませんが、牛乳は死亡リスクを高めるという内容なので、牛乳を飲む家庭は「ドキッ」としますよね。

「牛乳=体に悪い」説の根拠も、こうした欧米のデータから始まっていのでしょう。

でも冷静に考えてみれば、そもそも日本人と欧米人は牛乳を飲む量がまったく違います。実際に、アメリカ人は日本人の3倍も牛乳を飲んでいますから。

牛乳はカルシウム豊富な飲料ですが、同時に脂肪(飽和脂肪酸)も含まれるため、飲みすぎると血中脂質は増えるわけで、病気リスクが高まるのは当然です。

欧米人は牛乳を減らした方が良さそう、でも日本人はどうなの?

そこで、日本人と牛乳に関する論文を探して見つけたのがこちらです。

参考 牛乳と死亡率(日本人対象の大規模調査)Journal of Epidemiology

内容を確認すると、

  • 調査期間は1988~2009年
  • 40~79歳の日本人94,980人

を調査した結果、

  • 男性は、牛乳を飲むことで「心血管疾患」死亡リスク低下
  • 男性は、牛乳を飲むことで「がん」死亡リスク低下
  • とくに牛乳を月に1~2回飲む男性は、死亡リスクが低下

となっていて、日本人男性は牛乳を飲んだほうが死亡リスクが減り、とくに月1~2回程度、牛乳をたまに飲むくらいがちょうど良いようです。

日本人女性の場合は、

  • 女性は、牛乳を週3~4回飲むと「心血管疾患」死亡リスク低下
  • 女性は、牛乳を週3~4回飲むと「がん」死亡リスク低下

となっていて、女性は男性よりもたくさん牛乳を飲んだほうが健康に良さそうです。

いずれにしも日本人の場合は「牛乳を飲まないと健康に悪いという結果なので、「牛乳は体に悪い」という話を信じると危ないですね。

これからケールスムージー(グリーンスムージー)をつくるなら、男性にはそのままで、女性には牛乳で割って提供することにします。

 

ということで、「牛乳は体に悪い」というのは牛乳をたくさん飲む欧米人の話で、日本人なら牛乳を飲まないと逆に体に悪いよ。

というお話でした。