「広告代理店のみなさまへ」

ケール(生葉&青汁)を通信販売するよりも、大切なことがある。

そういえば最近、ケールの話をしていません。

あまりにも日常的に愛用しすぎて。いちいち「食事後の歯みがき」を報告しないのとおなじで、ついついブログにのせるのをわすれてしまいます。

今朝もサンドイッチにケールをはさんだし、こないだも和風ハンバーグの付けあわせにソテーしたケールを添えたばかり(これがまた、ポン酢との相性がよくておいしかった)です。

ほんと、よくこんな広告に無関心で商売しているなと思うほど、あまり自社商品を宣伝しません。

「不器用だから、素直に。」

をモットーに暮らしていますが、ホントに不器用で、たまに心配になるレベル。

それでも毎日ご注文はいただいておりますし、先日もインスタグラム経由で、それはそれは素敵なワンちゃんと暮らしている方からオーダーをいただいたばかりです。

でもね、これからの時代。こういう商売の仕方もありなんじゃないかなって思うんです。

自分自身の「消費」の仕方をふり返っても、こだわりたい商品を買うときは「売り手の暮らし」を見てしまいます。

売り手の暮らしが見えなかったり、たくさんのアイテムをそろえているショップをみていると「それ、愛用してないでしょ。」と感じてしまったり。なんだか商品を儲けの道具としてあつかっている気がして。

昔はね、商売の道具としてあつかって、買い手も「消費を楽しむ」時代だったのでしょうけど。

今はね、「暮らしを楽しむ」時代だと思うんです。

わたしは、毎日がしあわせです。

今朝もあかるく太陽がでて、そのあと雨が降って。子どもたちが笑顔で学校にいったらゴミ出し、そして畑にいって。

そうそう。間引いたトウモロコシを「ものは試しに」花壇に植えてみたら、葉先は枯れたけど持ちこたえて育ってきてて。

トウモロコシは植替えをきらうし、根っこがブチブチきれたのでムリだと思ったけれど。育ってる。

もう感動しちゃって。

なにより収穫量が倍になるんじゃないかって、妄想してニヤニヤしちゃって。

しあわせは、そこら中に落ちている。

あとは拾うか、素通りするか。

そんなことを考えていると、自社商品の宣伝をわすれてしまうんです。

だから、この記事のトップ画像も「忘れてた!」となって、あわててスマホで撮影した一枚。

いつもながらに、しあわせになる味でした。

ちょっとは宣伝になったかな。