≪サイトをリニューアルしました≫

青汁は飲むだけじゃなく、炒飯やシチューにしても楽しめるよ。

「青汁なんてお金のムダ!」

「青汁なんて意味がない!」

という意見を見るたびに、心を痛めながら思うことがあります。

「そりゃあ出逢った青汁が悪かったんだよ、ごめんね。しっかりと役に立つ青汁もあることに気がついて、いつか心も体も癒されますように」って。

青汁は、もともと菜っ葉をすりつぶした汁。

本来は、野菜そのものを加工したものです。

けれど青汁業界も経済優先、目先の利益ばかり追うような世界になって、添加物でうすめた緑色の汁を、いかに上手に広告宣伝して高く売って儲けるか。

そんな、販売者以外しあわせになれない世界になりました。

信じる者は救われず、信じる者は貢がされる青汁の世界。

だから「青汁なんて効果がない、買うだけ金のムダ!」という気持ちは痛いほどよく分かります。もう、その通りだと思います。

けれど、いつか効果を体験できる青汁もあることを知って欲しい。

たとえば昨日、昼も夜も青汁効果を満喫しました。

お昼ごはんは、ケールを混ぜこんだ青汁炒飯。

ケールはサラダにするだけじゃなく、炒めることで香ばしさが生まれて、とてもおいしくなります。この青汁炒飯は我が家の鉄板。

とにかく、おいしいの一言。

そして晩ごはんは、子どもたちも大好きなケールシチュー。

できあがったシチューに、最後にざく切りしたケールを入れて混ぜるだけ。

こうすることでケールのシャキシャキとした心地よい食感を残しながら、ケールの甘味も引きだした絶品の青汁シチューになります。

炒飯もシチューも、どうしても炭水化物中心になりがち。

そこにケールをいれて青汁化することで、栄養バランスが改善された、ビタミンやミネラル、抗酸化成分や食物繊維も加わった料理に変わります。

どうか青汁本来の効果を楽しめる社会になりますように。

信じてきた青汁で傷ついた人が、ひとりでも救われますように。