わたしたち

ひろゆき

ちょらの青汁は、気がつけば10年目になりました。
朝も夜も、ちょらの青汁がない暮らしは考えられません。

みか

日本人に不足しやすい栄養素は「ケール」という西洋野菜で満たされることに気づいて、日々の暮らしにケールを取り入れるようになって10年が経ちました。

粉末タイプの青汁をきっかけにケール生活がはじまったのですが、それだけでは満足できなくて、ケールそのもの(生葉)も日々の暮らしに取り入れるようになりました。

ちょらの青汁と暮らしはじめて変わったこと。

  • 便秘に悩まなくなった
  • 口内炎になりにくくなった
  • 体が軽くなった
  • 気持ちが前向きになった
  • 風邪を引くことが減った
  • お肌にハリや透明感が生まれた

などなど、伝えはじめるとキリがありません。

会社概要

会社名株式会社きおっちょら農園
本社登記住所〒224-0066 神奈川県横浜市都筑区見花山1-30
事業内容通信販売(オンライン限定販売)
メールアドレスsupport@chiocciola.jp
電話番号045-482-6906
主な取引先全国の個人のお客様

イタリア語でカタツムリという意味の、きおっちょら。

「一歩ずつ、確実に。社会を豊かにしていこう。」

そんな気持ちを込めて立ち上げました。

現在のケール栽培地

◎ちょらの青汁(生葉タイプ)

3月~12月=三重県
7月~11月=岐阜県、北海道
12月~4月=和歌山県

基本は上記産地の自然栽培ケールを使用しています。しかし、異常気象などによって生産が追いつかない場合は、有機栽培ケール(静岡、高知、鹿児島)を使用することがあります。

◎ちょらの青汁(粉末タイプ)

三重県と和歌山県で自然栽培されたケールを使用しています。

しかし、通信販売というIT技術を使いこなす商売をはじめて気がついことがあります。

それは、これまでのIT化に隠された本質は「ひとり占め」ということ。

効率化といえば聞こえはいいですが、それはつまり、すでにある富をIT技術を持っている人が独占するという話です。

  • あたらしい富はほとんど生まれていない
  • ほかの方々の仕事をうばってひとり占め
  • それで社会は豊かになるのでしょうか

それから効率性とは距離をおいて、スロービジネスを模索するようになりました。最初にはじめたことは、広告宣伝にお金をかけるのはやめたこと。

だから、

  • お金で買った体験談もありません
  • お金で買った著名人の宣伝もありません
  • お金で買ったあたらしいクチコミはありません

飲んでくださった方から、家族へ、恋人へ、友人へ。

ちょらの青汁を、愛飲者のクチコミで広げていると、おもしろいことに気がつきました。それまで広告宣伝にかけていた予算を、すべて品質に注ぐことができたのです。

おかげで、ありえない商品原価率(一般的な3~5倍)でも運営できるようになりました。

つまりお客様も豊かにして、生産者も豊かにする世界が生まれたのです。

スロービジネスは、情報にひとり占めされた富を消費者と生産者にお返しできる。

そんな夢の世界を想像しながら、カタツムリ(きおっちょら)のように、ゆっくりと理想の世界を創造しています。

ちょらの青汁は、お客様のクチコミで広げています。

ご愛飲者の皆様へ、心より感謝申し上げます。