お店のこと

代表あいさつ

高山 裕行

はじめまして、きおっちょら農園の高山です。

きおっちょら農園って、どういうショップですか?

そう聞かれて「わたしたちは青汁で健康寿命をのばします」と答えたなら、うさんくさく聞こえますか?

きっと昔の自分だったら、うさんくさいと感じたと思います。

けれど今なら自信をもっていえる。もしかすると、それは家族のおかげかもしれません。社会に羽ばたいたばかりのときは、

  • ブランド価値の大きな組織に就職する。
  • とにかく稼いで、たくさん消費する。
  • 流行に遅れずに最先端を目指す。

そんなことばかり追い求めていたように思います。

しかし、はじめて子どもを授かったとき、双子で。双胎間輸血症候群で、妻子ともに命の危険にさらされたとき。そのあと1,000gの未熟児で生まれたとき。

生き抜く尊さを知りました。

そのあと娘が誕生したときに起業するも、たった1年で全財産をうしなって。非課税世帯で貧しい暮らしをさせたにもかかわらず、明るく笑っていた妻を見たとき。

幸せは、日常を愛することだと知りました。

なにもできず、苦労をかけたにもかかわらず、いつも家族が笑ってくれていて。ちょっと思い返すだけで涙があふれてきます。

そうした経験を重ねるうちに、「幸せとは、できることから社会を幸せにすること」ではないかと考えるようになり、思い立ちました。

青汁で健康寿命を延ばそう

サラリーマン時代、営業していた商材のひとつ「青汁」。

当時、収入のために栄養価がないことを知りながら販売していた青汁。

ずっと「期待して買われているお客様を裏切っているのではないか」と悩んでいました。心のしこりを解消したくて、自分が飲みたくなる粉末青汁をはじめました。

無添加青汁《通販》ケールの栄養素を手軽に補える「ちょらの青汁」

もっと健康問題に貢献したくて、青汁素材そのもの(ケール)の販売もはじめました。

ケール生葉《通販》鮮度がおどろくほど長持ちする「ちょらのケール」

一歩ずつ、遅くても確実に成長していこう。

そうした意思を込めてつけた社名「きおっちょら農園」。

「きおっちょら」とは
イタリア語でカタツムリという意味です。

今はまだ、自家採種(農家自身で種を採って命をつなぐ)ケールを厳選して宅配するだけですが、もっと会社を成長させて、ゆくゆくはケール栽培も手掛けよう。

その想いから「農園」と名付けています。

一歩ずつ、遅くても確実に成長しながら皆様の健康寿命をのばします。

会社名株式会社きおっちょら農園
本社登記住所〒224-0066 神奈川県横浜市都筑区見花山1-30
事業内容通信販売(オンライン限定販売)
メールアドレスsupport@chiocciola.jp
電話番号045-482-6906
設立年月日平成24年3月5日
主な取引先全国の個人のお客様
お問い合わせこちらの お問い合わせフォームをクリックしてください。

いまや自分自身がケール(生葉と青汁)のヘビーユーザーになってしまい、毎日のように青汁を食べたり飲んだりしているのは、ここだけの秘密。

だって、体感性がすごいんだもの。