きおっちょら農園

Natural health foods for You & Me

「雑穀米 人気 おすすめ」で検索した商品に満足できないときは。

「雑穀米 人気 おすすめ」で検索して雑穀米を探しても満足のいく雑穀米には出会えません。

これまで健康のために雑穀米を食べてきましたが、「あること」に気がついてから、市販の雑穀米はどれもお金を払うだけの効果は見込めないと知りました。

なぜ市販の雑穀米はダメなのか。

お米に混ぜて炊飯するから

それは、お米に混ぜてつかうからです。

雑穀米といわれる商品はどれも「白米9割に対して雑穀1割」で混ぜています。

雑穀米の広告には「うちの雑穀は白米の〇倍の栄養素ですよ!」という宣伝が書かれていますが、どれだけ雑穀に栄養があっても白米に混ぜては意味がありません。

しかも白米9割(雑穀1割)ということは、ほとんど白米の栄養なので栄養的に混ぜても意味がありません。

五穀米と玄米の栄養比較

たとえば五穀米と玄米の栄養比較をしてみましょう。

市販の雑穀米とおなじように「白米9割、五穀1割で炊飯したときの五穀米」と「玄米」の栄養素を、文部科学省の栄養成分データを参考に栄養比較してみます。

広告宣伝でよくみる、

  • 糖質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • マグネシウム

の5種類で比較してみます。

比較結果がこちらです。

(100gあたりの栄養比較)

 

ご覧のとおり、五穀米よりも玄米のほうが栄養豊富です。

市販の雑穀米には十六雑穀などの種類のおおい雑穀がありますが、増えた種類のおおくは「発芽〇〇」だったり、「黒〇〇」など色のついた穀物のため、五穀米とあまり変わらないと思われます。

参考:ショック!まさか黒大豆が普通の大豆と栄養に差がないなんて!(作成中)
参考:発芽〇〇に要注意!?発芽玄米が玄米よりも栄養が低いって本当?(作成中)

また、キヌアやアマランサスといった雑穀もありますが、それらとくらべれば胡麻(ごま)の方がはるかに栄養豊富なため、高いお金を出してまで買うべきものか疑問です。

参考:栄養豊富No.1の雑穀はキヌアでもアマランサスでもなかった!?(作成中)

ただし五穀米も十六雑穀も、雑穀自体は白米や玄米とくらべて栄養豊富なことは確かです。

大切なことは、白米に混ぜるから意味がなくなるということ。

白米に混ぜない雑穀ごはんはあるの?

残念ながらありませんでした、これまでは。

ネット通販やテレビ通販、チラシ広告を見ても。

「雑穀米は栄養豊富!」という宣伝を信じてきましたが、実際に白米に混ぜた状態で栄養価をしらべてみると、あまりに期待を下回るので悲しくなりました。

かといって、雑穀だけで、雑穀100%食べられる雑穀ごはんは探しても見つかりません。

だから、自分たちで「白米にまぜない雑穀100%の雑穀ごはん」をつくることにしました。

しっかり栄養のとれる雑穀米を探されている方に

自分にあった雑穀はどれか探している方の参考になればと、雑穀に関する情報をまとめてみました。

気になる情報があれば、ご覧いただけると嬉しいです

しっかり栄養が摂れる雑穀ごはんで、健康な日々を楽しんでいただけることを願っています。

書いたひと

Hiro Takayama
青汁&雑穀が好きすぎて、理想の青汁&雑穀をいつも愛用したくて商品化しちゃいました。栄養満点!おいしい!超簡単!なことが評判で「ようやく理想に出会えました!」という声をよくいただきます♪