会社概要

きおっちょら農園とは

創業者「ひろゆき」

はじめに。

商品やサービスの良し悪しって、クオリティや知名度で決まるわけじゃない。どんなモノやサービスにも、本当はかくれている能力や魅力、気遣いがあって、それに気がつくかどうかで決まると思うんです。

それは、子育てもおなじ。

はじめて子どもを授かったとき、1,000gほどのちいさな体と出逢って、この子の魅力を引き出したいと思った。あの感じ。

「ひと粒のポテンシャル」

それを感じることができた商品やサービスを提供しています。

事業理念

きおっちょら農園は、家族経営のちいさな会社。

現在、青汁と雑穀のふたつの商品をご提供しています。

儲かる商品・サービスを探すのではなく、自分たちも一生かけて愛することのできる商品やサービスを探しているため、マイペースに成長しています。

そうした自分たちの姿を言葉にしたものが「きおっちょら農園」です。

「きおっちょら」とはイタリア語でカタツムリ、また「農園」には百の職業といわれるほど多様な仕事ができる百姓を目指す意思をこめました。

ゆっくりと確実に、事業展開してまいります。

会社名株式会社きおっちょら農園
本社〒224-0066 神奈川県横浜市都筑区見花山1-30
※現在、二拠点居住を目指して南九州でも活動中です。
設立年月日平成24年3月5日
主な取引先全国の個人のお客様
お問い合わせこちらの お問い合わせフォームをクリックしてください。

経営理念

合理的になりすぎないこと。

感情的になりすぎないこと。

その両方を大切にしながら直観的に行動できる人をつくります。

200年、300年と続いている老舗のように、お付き合いを大切にしながら家族経営の、息のながい会社をめざしています。

会社理念

ふつうなら、「〇〇で社会貢献する」とお伝えするのでしょう。

けれど、まだまだ社会に影響をあたえるような力のある会社ではありません。今はまだ自分たちを成長させることで精いっぱいです。

社会にアンテナをはりながら、

  • 「にこにこ」した話
  • 「わくわく」した話
  • 「のんびり」した話

などをブログでまとめて、社会に秘められたポジティブな魅力を探しながら、一隅を照らせる会社を目指しています。