Read Article

昔と比べて野菜の栄養価が減少しているって本当なの!?

salad1
『昔に比べて、ほうれん草の栄養価が激減している。』そんな話を聞いたことがある方も多いと思います。実際に日本食品標準成分表によると、例えばビタミンCは、

         (1951年)  (2005年)
パセリ   : 200mg → 120mg
ホウレンソウ: 150mg → 35mg
トマト   :   20mg → 15mg
ニンジン  :   10mg → 4mg

といった具合に減少していて、他の栄養素についても軒並み減少しています。これでは、どんなに野菜を食べても意味がないのかなって心配になってしまいます。

[PR]人生を満喫できる健康食


野菜の栄養価が減った理由

昔と比べて今の野菜の栄養成分が少なくなった理由として、

  • 化学農薬や化学肥料を使った野菜は栄養が少ない
  • 有機野菜だと昔ながらの栄養が保てる

といった話をしばしば目にします。でも、個人的には懐疑的です。むしろ、

  • 「栄養分析の方法」
  • 「野菜の収穫時期」

が昔と変わってきたのが原因だろうと考えています。実際、この50年で栄養成分の分析方法は変更されていて、分析法が新しくなるたびに栄養価が減少してきたデータもあります(野菜中のビタミンC収載値の変動に対する分析法の影響(PDF))。おそらく時代とともに分析精度が高くなった結果、栄養成分が下がったように見えているのではないでしょうか。

また、昔に比べて現在は、季節を問わず通年栽培が可能となりました。日本食品標準成分表では、年間を通じて食べたときの平均値を重要視しているそうで、そうであれば旬でない時期、つまり栄養価が低い可能性のある時期の分析値も対象となることも、現代の野菜の成分分析値を下げる要因になっているように思います

いずれにせよ初めて「青汁 効果」で検索したら凄い効能ばかりで驚いた!のとおり、野菜を積極的に補うと同時に生活習慣を改善していくことが、病気を未然に防ぐ上で大切です。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. 野菜を食べても意味がない!?野菜の栄養価が減少しているのは本当? – NO AOJIRU ! NO LIFE ! | インターネットのネタ帳

    […] 野菜を食べても意味がない!?野菜の栄養価が減少しているのは本当? &#8… […]

  2. 野菜を食べても意味がない!?野菜の栄養価が減少しているのは本当? – NO AOJIRU ! NO LIFE !

    […] 野菜を食べても意味がない!?野菜の栄養価が減少しているのは本当? &#8… […]

Return Top