きおっちょら農園

Natural health foods for You & Me

やっぱり家族ごはんが一番!世界一おいしい寿司は家にあった。

仕事よりも子育て中心の生活にして気がついたこと。

それは、家族ごはんが世界最強の美食ということ。

夜討ち朝駆けで、平日、家族の顔を見たこともないほど仕事に明け暮れたサラリーマン時代は、外食で幸せをかみしめていました。

いわゆる美食グルメというものが好きでした。

おいしいお寿司を食べたくて、客単価3万円のお寿司屋さんへ行ったのも懐かしい思い出。

だけど、仕事よりも子育て中心の生活へ切り替えて驚いたことは、世界一おいしいお寿司は家にあったということでした。

息子が握ってくれた、なんでもないお寿司。

だけど、人生で一番おいしいと感じたお寿司。

妻と、息子と、娘と。

笑いあって、握りあって、食べるお寿司。

これほど楽しくて、おいしいお寿司ははじめての体験でした。

5歳の娘も口をあけながらにぎにぎ。

集中すると口が開くクセがかわいらしい~(*´▽`*)

息子が楽しそうにつくっていたミニミニ寿司。

誰だろう、高いものを消費することが幸せという価値観をうえつけた人は。

幸せなんて、大してお金いらないじゃん。

お金なんて、事業で遊ぶために必要なもので、個人の幸せには大して貢献しないんですね。消費するために仕事して、薄っぺらい幸せをかみしめていた時間がもったいなかった。

充実した幸せを教えてくれて、妻や子どもたち、ありがとう。

[PR]人生を満喫できる健康食
  • Slide image
  • Slide image


おかげで自分の幸せよりも、社会のためにお金をつかえる価値観を養えました。

書いたひと

Hiro Takayama
遊んだ気になれる便利な都市(福岡・東京・横浜)暮らしでは満足できず、生活スペックを落として生まれる不便を自分なりに遊ぶ人生に変えました!!!南九州に移住してアウトドアな日常を楽しんでます。