きおっちょら農園

Natural health foods for You & Me

おいしいステーキ肉を焼くために探してるマリネ液レシピ

人生、ムダに、ながく。
好きなことしながら120才めざして流れているボク(@hiro_takayama)です。

いまいちステーキがうまくいきませぬ。

Weberという炭火でオーブン焼きするグリルで、安いステーキ肉が絶品ステーキに!

というのを夢見てるけど、うまくいきません。

 

焼き加減はいい感じ。だけど味がね~。

スパイス専門店のスパイスでマリネして2度焼いたけど感動がな~い。

いや、まずくはないんだけどね。

「なにこれ!?ハマりそう!」が欲しいのよね。

サシの入った和牛をつかえば塩コショウだけで美味しいだろうけど、牛脂に弱くておなか壊すし。

それにマグロでもなんでも、脂っぽいのよりも赤身が好き。

こんな感じで切り分けて、薬味と合わせて。

「カツオのたたき with オニオンスライス」みたいな「うまー!」が欲しいです。

そんなわけで、赤身ステーキ肉をおいしくしそうなマリネ液を調べてみよう。

と、その前に、マリネする時間で味に差が出るのかな?と思ったら実験したサイト見つけた!

これによると、やっぱり前日からマリネしたほうがいいみたい。

じゃあ、次回は前日から漬けてみよう。

そして肝心のマリネ液をどうしようかと調べてて気になったのは、

赤ワインビネガーでマリネする

マリネといえば酢、というイメージがありますよね。

お肉を酸性にするとタンパク質分解酵素が活性化されて柔らかくなるそうです。

タマネギやパイナップルをすりおろしてマリネすれば、さらに柔らかくなるかもしれないけど、

固形物を混ぜるといつも焦がして残念な気持ちになるのでパス!

ということで次回は酢を。

しかも「牛肉といえば赤ワイン」だと信じて、赤ワインビネガーでマリネしよう。

だし醤油もマリネ素材に!?

もうひとつ気になったのは、だし醤油。

このマリネ肉の場合、茅乃舎のだしと醤油を使ってておいしそう。

あれば、だし醤油。なければ、醤油とほんだし。

まとめ

とうことで次回は、

「赤ワインビネガー」と「だし醤油」に塩を少し加えて一晩マリネしてみよう。

漬けたマリネ液を煮詰めてバターなんか入れたらソースまでできちゃいそうですね。

「こ、これはー!!!」

[PR]人生を満喫できる健康食
  • Slide image
  • Slide image


と感動できる赤身ステーキを食べたい!

書いたひと

Hiro Takayama
遊んだ気になれる便利な都市(福岡・東京・横浜)暮らしでは満足できず、生活スペックを落として生まれる不便を自分なりに遊ぶ人生に変えました!!!南九州に移住してアウトドアな日常を楽しんでます。