Read Article

キャンプ場の運営って、どんな感じなのだろう。

 

7月より移住した山江村。

その山江村にある、とある公営キャンプ場。

公営なだけに、まったく営利活動がなっていなくて、修繕費を十分に捻出できるだけの収益も見込めないそうで。

税金をつかって箱物をつくって、ほったらかしで古くなって維持費をペイできなくなって「あぁ、どうしましょ。」という、なんだか以前どこかで聞いたような話。

こういう風に税金は使われているのか、と社会勉強になりますね。

それはさておき、そのキャンプ場。

来年は村が手放すらしくて、いまの管理人さんが引き継ぐらしい。

[PR]人生を満喫できる健康食


こないだ管理人さんからざっくり聞いただけだから、くわしい話は分からないけど、なかかな面白い管理人さんなんだよね。

やる気もあるし、個性的だし。

ぼくら家族もよく利用してきたキャンプ場だったから、このまま失うのはなんだかもったいなくて。

協力できることを見つけて、キャンプ場の再建を楽しんでみようかな。

そんなこと考えてる夏休み終盤です。

今日もそのキャンプ場で親戚家族をまねいて川遊びしたり、ヤマメ焼いたり、BBQしたりするので、管理人さんともう少しつっこんだ話をしてきます。

なにごとも経験だもんね。

だけど、まったくDIYの才能はないけどね 笑。

Return Top