【News】WEBサイトの全面リニューアルを実施いたしました。

妊娠時に飲んではダメな青汁!?青汁とカフェイン、添加物。

妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

そんな問い合わせを妊婦さんからいただいたので、妊娠時に青汁を飲んでよいのかどうか、まとめてみました。

妊娠時にダメとされる青汁

カフェインを含む青汁

妊娠中にカフェインがNGとされる理由は、

  • 胎盤を流れる血液量が減る。
  • 胎盤から胎児に移動して蓄積する。
  • 母乳にも溶け込むため赤ちゃんに影響。

などによるものですが、あくまで大量に摂取したときの話。

青汁にも、飲みやすくするために緑茶をつかうものがあるため、カフェインが含まれることを理由に

この青汁は妊婦にはNG!

という情報をよく目にします。

が、青汁にふくまれるカフェインなんて緑茶をつかっていたとしても微量なので、気にする必要はありません。

人工甘味料を含む青汁

いろんな青汁が販売されていますが、

子どもでも飲める青汁!

のように宣伝している青汁のほとんどは、人工甘味料を使っています。

たしかに人工甘味料を過剰に飲むと体への影響を、とくに妊婦さんは心配になりますよね。そうした妊婦さんの心情を逆手にとって、

  • この青汁は人工甘味料をつかってるからダメ!
  • 妊娠中におすすめなのは、この青汁ですよ!

といった情報サイトが乱立していますが、青汁に含まれる人口甘味料なんて清涼飲料水にくらべれば大したことありません。

「青汁 効果」とおなじように、

妊婦さんにはこの青汁!

といった情報サイトのほとんどはアフィリエイト広告です。

嘘ばっかり!青汁効果を検索したらヒドイ効能ばかりで驚いた!

気にするだけストレスになりますよ。

妊娠時の青汁で気にすべきこと

青汁原材料のここを確認

カフェインにせよ、人工甘味料にせよ。

いずれも妊娠中の過剰摂取が問題なので、含まれていたとしても微量の青汁よりも、コーヒーや清涼飲料水の飲み方を注意しましょう。

妊娠中に飲む青汁で心配すべきなのは、むしろ原材料です。

青汁には三大添加物をはじめとして、原価を抑えることができるさまざまな添加物が使われています。

どうして!?口コミで人気の青汁は添加物だらけな理由がこれ。

添加物で失われる青汁の栄養

「青汁の添加物に注意!」といっても、

添加物が危険!

という話ではありません。

青汁の主成分は野菜だけだと勘違いしている方がとても多いのですが、市販されている青汁の多くは加工助剤も主成分です。

加工助剤とは、製造効率を良くするための添加物。

問題はその量で、成分の半分が加工助剤という青汁もあります。

妊婦さんは赤ちゃんの栄養も必要なうえに、つわりなどで思うように食べられないことだってありますよね。

そんなときに、栄養が少ない青汁を飲んでも非効率です。

妊娠中に青汁を飲むなら

青汁は、妊娠中に不足しがちな葉酸もおぎなえる野菜飲料です。

しかも、野菜ジュースとはちがって糖質もほとんど含まれていません。

しかし残念なことに、最近の青汁は悲しいほどに添加物で薄められた青汁ばかり目にするようになってきました。

青汁製造者が暴露!おすすめ青汁を効果の高い順にランキング。

妊娠中の野菜不足が心配なら、添加物で薄められていない青汁をおすすめします。

産後の青汁ダイエット

もし栄養豊富な青汁に出会えたら、出産後も青汁を活用してはどうでしょう。

飲み方次第では、産後ダイエットにも青汁を活かせます。

青汁にダイエット効果はない!痩せるには飲み方が重要です。

当店でも、妊婦さんはもちろん、野菜がちょっと苦手なお子さまと一緒に青汁生活を楽しんでいる方もいらっしゃいます。

不安をあおる情報に惑わされず、青汁を楽しんでいただけると嬉しいです。