避けていたチンゲン菜が前菜にうってつけの野菜だと知った日

これまで避けてきたチンゲン菜。

これといって調理法が思いつかず、中華料理に添えられる野菜くらいにしか見ておらず、買うことはほとんどありませんでした。

ただ、このあいだスーパーで半額で売られていて衝動買い。

これといって妙案も思いつかず、

  1. とりあえず塩茹で
  2. 豚肉もおなじ塩湯でしゃぶしゃぶ
  3. 薬味をのっけてマリネ液をぶっかける

こんな感じにすれば、それなりに食べられるのではないかと思ってやってみました。

まずは、チンゲン菜をさっと塩茹でします。

この上に、しゃぶしゃぶした豚肉をのっけて、

  • 薬味(小ネギ、ゴマ)をぶっかける
  • 生レモンをしぼりかける
  • ごま油をまわしかける
  • 醤油をまわしかける

こんな感じでつくってみました。

そしたら、これが旨いのなんの!

チンゲン菜にゴマ油が合わさるとクリーミーな味わいになって、レモンや薬味がさわやかに駆け抜けたかと思うと、豚肉のうま味、醤油のコクが包みこむ。

とにかく、おいしい!

手抜きでつくったのに、こんな美味しくできるなんて得した気分です。

また、つくろっと。