野菜不足を解消したい!青汁と野菜ジュースはどっちがおすすめ?

青汁と野菜ジュース、因縁の対決!

青汁を製造販売している立場なので「もちろん青汁!」と言いたいところですが、青汁のクオリティや体調によっても変わってきます。

もし青汁と野菜ジュースで悩まれているのなら、まずは青汁の原材料を確認しましょう。

飲みたい青汁の原材料に、

デキストリン

澱粉(でんぷん)

還元麦芽糖(人工甘味料)

これらの添加物が書かれているようであれば、迷わず野菜ジュースを選んでください。

これらは青汁がうすくなる3大成分なので、おどろくほど栄養素が少ない青汁に仕上がっています。そのため野菜ジュースを飲んだほうが、はるかにマシです。

青汁を飲むのなら、せめて無添加に仕上げた青汁を選びましょう。

もし無添加の青汁を手にいれたのなら、普段は野菜ジュースではなく青汁を飲み、風邪などで体調不良になったときに野菜ジュースを飲みましょう。

野菜ジュースは糖質が高いため、普段使いには向きません。

最近では低糖質をうたった野菜ジュースもありますが、それでも無添加青汁のほうが糖質量が少ないため、普段使いするなら青汁がおすすめです。

まとめると、野菜不足の解消に選ぶなら、

  1. 無添加の青汁を見つける
  2. 普段使いは無添加青汁
  3. 体調不良時は野菜ジュース

このような使い分けをおすすめします。