炭水化物を変えたくても、全粒穀物には玄米か麦、蕎麦しかない件。

ごはんやパン、麺類。

炭水化物はおいしいけれど、太りやすいと思われがちです。けれど実は、炭水化物にも種類があって、太りやすいものもあれば太りにくいものもあります。

その指標となるのが、炭水化物の分解吸収効率を数値化したGI値。

【食品】【GI値】
菓子パン95
フランスパン93
食パン91
もち85
白ごはん84
うどん80
パスタ65
そば59
玄米56

この数値が高いほど短時間で糖質が吸収されてしまい、脂肪として蓄えられやすくなります。また急激に血糖値が上昇したあとに急落するため、時間がたつと空腹感が生まれて暴食につながる。

逆に数値が低いとゆっくりと分解吸収されエネルギーとして利用されるため、腹持ちもして太りにくい。玄米などの全粒穀物はGI値が低くなります。

どうせ炭水化物を食べるなら、全粒穀物を食べたほうが間違いなく健康的です。

ただ、選択肢が少ないんですよね。

蕎麦か、玄米か、押し麦か。

麺類を食べるなら蕎麦を選べるし、炊飯するなら玄米か10割麦ごはんを選べるけど、パンの代わりが意外とありません。

全粒パンも市販されていますが、せいぜい全粒粉の割合は2割程度。

100%全粒粉のパンなんて、あまり市販されていません。

だから、なければ作ろうということで、全粒穀物をベースにオーガニックナッツで食感と味わいを高めた主食を商品化しました。

ちょらの雑穀。

全粒粉100%のパンをお求めの方はもちろん、玄米や10割麦ごはんの炊飯が大変だと感じている方に最適の全粒ごはんです。

全粒穀物を取り入れたい方におすすめの雑穀ごはんです。

「全粒穀物って選択肢が少ないよねー。」という話をしたかっただけなのに。気がつけば、ただの自社商品PRになってしまった。

それほど全粒穀物って選択肢が少ないのでしょうね。