雑穀米だけで!?白米と混ぜないで炊飯できるけど。。。

一般的に雑穀米とは白米に混ぜて炊くものですよね。でも、栄養価は白米のみの時とさほど変わらないという結果がでてます。

10~30%の雑穀米と白米70~90%、少々の栄養価アップしかないのは納得といえばそれまですよね。

ならば、雑穀米のみで炊飯したほうが栄養のためにもいいよねと思い試しに炊飯してみました。

いろいろな種類が混ざり合っている雑穀米は、いくつかの雑穀が硬いままで炊き上がりました。これでは食べられません。もち麦だけで炊くなど単体だとうまく炊き上がりもちもちの食感と栄養を味わえるのですが、私はいろいろな種類の雑穀を一度に味わいたいのよと欲張りを言ってしまいます。ゴマの栄養に、麦の栄養、種子の栄養などを一度に100%で味わえる雑穀。探してはみたけれどもないんですよね~。

「ちょらの雑穀」は、付属のスプーンで2杯(これが一人分)に水100mlを入れてレンジで1分20秒温めるだけの簡単調理です。そのままでも食べられるローストしたクルミやアーモンドも入ってます。そのためよく噛まないと食べられないのですが、ご飯のおかずになりすぎるハンバーグやさばの味噌煮などと一緒に白米を食べると必ずおかわりをしたくなってしまう私。。。これを「ちょらの雑穀」に変えると不思議と1杯で済んでしまうんです。

  1. 簡単に雑穀100%を味わえる。
  2. よく噛んで食べるので少量でも満腹になる。
  3. よく噛まなくてはいけないので一度に食べる量が少量になる。
  4. 結果、食べすぎを防ぐことも出来る。

お腹にも食事制限にも自然と役に立ってます。

玄米炊くより簡単でナッツの栄養も摂取できる雑穀100%ご飯で今日も体調良く過ごします!