意外に使える料理用クッキング温度計!を変更した理由。

料理用のクッキング温度計って、意外と便利なんですよね。

蒸し鶏やローストポーク、ステーキ等々、食材の内部温度が手軽にはかれることがこんなに助かるなんて、使ってみてはじめて気づきました。

「まだ50度かぁ、レアレアだ。」

と思ってのんびりしていたら、

「げっ!もう80度近いじゃん!」

と完全に火がはいって固くなった食材を前にして寂しくなったり。料理を楽しくしてくれるクッキング温度計。

なくてもいいけど、あったら意外と便利な温度計を買い替えました。

こちら、これまで使ってきた温度計ですが、

本体と温度をはかる棒をつなぐ部分が、

びょ〜んと出てきちゃって。

もともと本体にくっついていたのに、お肉に刺して抜いたら抜けちゃった。

それでも繋がってるなら使えると思っていたのですが、温度を計測するまでの時間がえらく長くなってしまいまして。

もったいないけど、買い替えました。

今度のクッキング温度計は、なんと300度まではかれるため、揚げ油の温度計測にも使えます。

すごいよねぇ、指入れたら火傷するのにさ。

それなのに、送料込みで880円!

電源いれたらワクワクしちゃって、とりあえず体温をはかってみました。平熱、しっかり計測できてるようです。

そこは料理用なので。

思わず脇にはさもうとしましたが、さすがに思いとどまって口で。

しっかり洗われて、次の出番を待たれています。