ウワサの「きらず揚げ」食べ始めると、ヤバイ、止まらない!

カンブリア宮殿で、とあるお豆腐屋さんの「きらず揚げ」というお菓子が人気だと言っていた。

たしか、おからの再利用としてクッキーをつくったものの堅くて困っていたところ、主婦の方々の「堅いほうが子どもの歯固めになっていい!」という声に後押しされて作った商品なんだとか。

そうそう、どこを探しても堅い煎餅が売ってなくて困ってるんだよねぇ。

「かたい、おから。」

めっちゃ健康的でいいじゃない!

ということで、じゃじゃーん。

お友達のお豆腐屋さんに聞いてみたら「きらず揚げ」を知っていて、出張先の取扱店で買ってきてくれました!

ありがたや〜。

この商品、というか販売者の「おとうふ工房いしかわ」さん、豆腐業界では知らない人はいないほど有名人なんだとか。そりゃテレビに出るよね。

ベーシックな塩味は残念ながら売り切れだったらしいけど(売り切れって、人気なの!?って思わせるよね)、正直はじめてなので何味でもいいや。

とにかく、さっそく実食ー!

たしかに…かたーい!

そして、うまーい!

ヤバイ。一枚、二枚、三枚、四枚、五枚…だ、だめだ。止まらない。バリボリ、バリボリ、分かっちゃいるけど止められぬ。

そりゃあ、人気なわけだ。

子育て中のお母さんを夢中にさせる、生協の定番商品的なお菓子。

こんなに美味しいのに健康にいいなんて!と思っていたけれど、原材料をみてちょっとだけショック。てっきり「おから」が最初に書いてあると思っていた…

「小麦粉、砂糖、おから…」

そう、主原料は小麦粉と砂糖なんですよね。小麦粉と砂糖を油で揚げれば、そりゃあ食べるのを止められなくなるよ。くぅ、こりゃ食べ過ぎて太るやつや…

だけど、食べ始めると止めらんない。

あぁ、この食感も好き。

これ、子どものためにと思って買ってみたけれど、むしろ自分自身がハマってリピーターになる親が多そうだ。

できればベーシックに、

  • 小麦粉や砂糖は使わずに「おから」だけ
  • せんべいのように揚げずに焼く

だとヘルシーで嬉しいのにな。

だけど、そうするとあまり売れないんでしょうね。

しかし、きらず揚げ。

ポテチなみに手が止まらないよー。