野菜とろみスープが包みこんだのは、卵と炒めたアレ。

料理は調味料まかせ、ひろゆきです。

冷蔵庫の野菜室をあけると、閑散とした空間のなかでニンジンとシメジ、エノキがたたずんでいたので、スパッとカットしてあげました。

目指したのは、あっさり中華スープ。

定番の素材力こんぶだし。

そして、やさしいオカケンのスープの素。

塩ひかえめの鶏と豚のうまみが詰まったスープの素。

そして塩と醤油で味付けしたら、水溶き片栗粉でとろみをつけておく。

その隣では、たっぷりの油で卵をいためる。

そこへ、ごはんを投入。

感覚的には、ごはん1合に対して、

  • 油:大さじ1~2
  • 卵:2個

これくらい使うとパラパラな炒飯になるんですよね、不思議と。炒飯の味付けは、塩と黒胡椒、先ほどのオカケンスープの素でシンプルに。

とろみスープをかければ、あんかけ炒飯のできあがり。

炒飯にあれこれ具材をいれると、炒飯が水っぽくなるでしょ。

だけど家族には野菜をたっぷり食べさせたくて、あんかけ炒飯にたどりつきました。これなら好きな具材をたっぷりつかえて、みんなハッピー。

いただきまーす。