お惣菜の豚カツのっけてサッパリ酸味のスパイスカレー

料理は調味料まかせ、ひろゆきです。

スパイスカレーをつくれるようになってから、すっかり市販のカレールウをつかえなくなったとです。ひろゆきです。

弱火でスパイスをシュワシュワ炒めるとです。

  • ブラウンマスタードシード
  • フェネグリークシード
  • フェンネルシード

習い事へいっている子どもを迎えに行ったついでに「チキンカツを買ってきて」と、妻にお願いしたとです。

さておき、揚げ物には南インドのホールスパイスをつかえばサッパリするかなと思いえらんだスパイス、泡が減ったら油きり。

こしたスパイスオイルで、タマネギのみじん切りに塩を入れて炒めました。

  1. 最初は強火でときおり混ぜながら、
  2. 焦げ目がついたら中火に落として、
  3. ショウガのすりおろしをいれて炒めました。

さらにトマトと、きょうはエノキもいれて炒めました。

木べらでトマトをつぶしながらドロドロにして、スパイシーなカレーが食べたくて、この日のカレー粉は多めに大さじ4杯。

じっくり煮詰めたところで水を400mlくらい。

  • 昆布だしの素
  • オカケンスープの素(鶏ガラスープ)
  • 砂糖

で味付けしたところで、タマリンド!

これ入れると、コクと酸味が増しておいしいんですよね。

味つけしているところで、妻と子どもたちが帰宅して。話を聞くと「チキンカツは売れ切だったけど、豚カツに割引シールが貼られてた。」とな!

この日はトンカツカレーになったとさ。

冷蔵庫にキャベツが残っていたので千切りにして添えてみました。

やばい、めっちゃうまい。

(またタマリンドいれすぎて、酸味がつよいけど 笑)