ジュニパーベリー&発泡酒とともに豚軟骨はどこへゆく

豚軟骨を塩漬けにしました。

重さに対して0.8%の塩加減で1時間ほど、塩漬けにしました。そしてじっくりと焼き目をつける豚軟骨。

焼き目がついた、豚軟骨。

鍋(シャトルシェフ)の中へはいって、発泡酒500mlとオカケンスープの素をいれて、ジュニパーベリーも刻んでいれて煮てゆく。

途中でニンジンとジャガイモもいれて、じっくりと煮てゆく。

これでは、ただのビール煮。

北欧にありそうな、寒い国の料理にはサワークリーム。サワークリームを添えてあげて、溶かしながら食べると、おいしすぎて言葉がでない。

そうか、これは北欧の肉じゃがだ。

豚軟骨が旅をして、北欧の肉じゃがになったとな。ニンジンとジャガイモにくわえて、タマネギをいれてもよさそうね。

つぎは焼かずに、下茹でして脂をおとして、さっぱりいこう。

スープにパンをつけつけして、んー、最高。