北インドよりも南インド流派のカレーが好きなようで。

南インドでつかわれることが多いと聞くスパイス、

  • ブラウンマスタードシード
  • フェネグリーク
  • フェンネルシード

を弱火でじっくりオイルに香りをうつしていく。

換気扇がゴォゴォと音をたてるなか、立ち込めてくる香りに「いよいよ来たか。」とテンションがあがります。

ジュワジュワしていた泡が大人しくなると、茶こしでフライパンにオイルだけ注ぎ、たまねぎを炒めた瞬間、ぶわっとスパイスの香りがひろがる。

この瞬間、たまらんわ。

あめ色にするのが面倒で、ちょっと茶色になったところでジャガイモを投入。

火がとおってきたところで、トマトをどばどばっと。

煮詰めて、煮詰めて、煮詰めて。

カレー粉を大さじ4杯どさっとな。

そして水をいれてサラサラにしていく。

大さじ4杯と水400mlほどいれて、8皿分くらいでしょうか。

オカケンスープの素や塩をいれて、味をみながら適当に調整したところで大切な調味料。そう、あの酸っぱい豆のペースト。

タマリンド

そう、タマリンド。

南インド風の出汁を聞かせたサラサラカレーには、やっぱりタマリンドがなくっちゃ味がしまりません。これまた、味をみながら適当にくわえれば完成。

お惣菜のカツといっしょにいただきました。

ひとくち食べるとスパイスの香りがふわっとただよってきた。

は~ん。

ふたくち食べて、はは~ん。

みくち食べて、ははは~ん。

ちょっとタマリンドいれすぎて、酸味が強めのカレーになったは~ん。