エビとイカゲソ、アレッタでシーフードリガトーニを。

アレッタという、つぼみではなく、葉がおおきく育つブロッコリーが売られていたので衝動買いしました。

オイルで炒めて、塩をふるだけでおいしそう。

エビとイカゲソを買い足して、料理時間30分を目標にシーフードパスタをつくることにしました。パスタは穴あきリガトーニを。

家族5人分

 

・エビとイカゲソ・・・300g~400g

※肉、魚介類は1人80gあれば十分

・リガトーニ(ラ・モリサーナ)・・・250g
※具材が多いので1人50g(乾燥重量)目安
※穴あきショートパスタ

・ドライトマト・・・5個

野菜炒めのイタリア風をイメージしながらつくることにしました。

パスタをゆでる鍋を火にかけながら、おしつぶしたニンニクといっしょにエビの殻をフライパンに投げ入れました。

オイルは1人あたり大さじ1~2杯目安に、たっぷりと。

エビをむきながら、殻をポイポイっとね。

殻をむきおわり、イカゲソを一口サイズに切り分けていたら、いい感じでエビの殻がカラカラになっていました。

オイルにエビの風味がつきますし、火をとおすためゴミ収集まで待ってもエビの殻がくさくならない。ありがたや~、一石二鳥や。

このあたりで鍋が沸騰したので、リガトーニを茹ではじめることに。

そしてフライパンではエビとイカゲソをいれて炒めて、火がとおったら料理酒をドバドバっといれて強火に、アルコールを飛ばしました。

そして、アレッタの茎も炒めて。

リガトーニがゆであがる頃をみはからって、アレッタの葉も炒めて。

炒めて、炒めて、炒めて。

リガトーニをどーん。

塩は多めでリガトーニを茹でていたようで、味見したら塩で味付けする必要はありませんでした。

つかった調味料は料理酒だけ、なんてラクチンなの。

仕上げに水溶き片栗粉をまわしかけて、うま味がつまった汁をトロトロにして、全体にからめることにしました。

だーっ、うまそう。

仕上げにEXVオリーブオイルをまわしかけて。

パスタをつくりながら、いっしょに準備していたトマトスープもできあがったので、とりわけて夕食に。

スープもまた、手抜きなんですけどね。

  • ダイコンとニンジンを茹でて、
  • 塩とオカケンスープの素で味付けして、
  • 仕上げにざく切りトマトとトマトペーストいれるだけ。

パスタもスープも35分で完成しました。目標の30分からは5分オーバーだけど、まぁ、いいよね。みんなで早くいただきましょう。

いただきまーす。