おすすめペットは?飼いやすい動物の見分け方を発見!

ペットを飼いたいけれど、しっかり飼いきれるか不安。

おもちゃとちがって、ペットは心臓が鼓動している生きもの。興味本位で飼育して、飽きたから捨てるなんて最低なことはしたくありません。

しかし、責任を感じるほど不安になるばかり。

飼いたいけれど不安になる気持ちを解消し、家族の一員としてむかえる子を増やしていくために試行錯誤しています。

 

↓ お好きな項目をタッチ! ↓

飼いやすいペットとは

はじめに

責任をもって家族の一員としてペットをむかえよう。

不安にかられながら、調べながら体験していくうちに、初心者におすすめなペットの法則を見つけることができました。

それが、

  • 寿命
  • 子どもの年齢期で考える

自分にあったペットを選ぶために、このふたつの軸で考えることにしました。

初心者には短命の小動物

ペットは、血がながれている生きものです。

飼えないから捨てるのは、生まれたばかりの赤ん坊を捨てることとおなじ。初心者にとっては不安で一歩ふみだせずにいました。

小動物ひとつとっても、10年ほど生きるものもいます。

はじめてペットを飼うのに、そんなに長く責任をもって生活できるか。

とても不安だったため、責任をもってペットの人生をみとるためにも、短命の小動物から家族にむかえることにしました。

子どもの年齢期を意識する

実際にペットを育ててみると、子育てと似ていることに気づきました。

  • おむつ替えが必要な乳児期
  • 愛としつけが大切な4~9歳期
  • 適切な距離感が求められる10~15歳期

トイレを覚えない小動物は乳児期の子育てに似ているし、身近なペットの犬なら4~9歳期の子育て、猫なら10~15歳期の子育てに似ています。

乳児のようなペットの特徴は、

  • トイレを覚えない
  • 世話がかかるけど愛くるしい

そして4~9歳期の子どものようなペットは、

  • 毎日しっかり愛情をそそぐ
  • 根気よくしつける必要がある

また、10~15歳期の子どものようなペットは、

  • 干渉しすぎない
  • 求められたら愛情をそそぐ

ペットは種類や大きさよりも、子どもに置き換えたときの年齢期によって共同生活の大変さが変わるように思います。

初心者におすすめのペット

上級者向けペット

いろんな種類のペットがいますが、

  • ロボロフスキーハムスター
  • パンダマウス
  • モルモット
  • デグー
  • チンチラ
  • ハリネズミ
  • シマリス
  • モモンガ
  • 爬虫類・鳥類

これらは基本的にトイレをおぼえないため、糞尿の掃除がかかせない乳児タイプ。

部屋が臭くなる覚悟、飛び散った糞尿の掃除が大変でも、寿命まで面倒をみる決意を持たないかぎり飼いません。

中級者向けペット

  • うさぎ
  • フェレット

犬やうさぎ、フェレットは4~9歳期の子ども感覚。

愛情をそそぐだけではなくて、しつけも大切になるため、飼育するなら経験をつんで勉強してからにします。

また、犬(犬種にもよる)やうさぎは抜け毛が多いので、掃除や洗濯が大変になることも理解したうえで考えます。

抜け毛がすくない犬種
シングルコートの犬は換毛期がないため、抜け毛が少ない犬種です。抜け毛が少ない犬種No.1のトイプードルをはじめ、マルチーズ、ヨークシャテリア、ミニチュアシュナウザー、ビションフリーゼ、シーズー、ミニチュアピンシャー、パピヨン、イタリアングレーハウンド、ワイマラナーなどもシングルコートです。

初心者向けペット

  • ジャンガリアンハムスター
  • ゴールデンハムスター
  • キンクマハムスター

これらの動物は、生態を理解してトイレをつくってあげれば、そこで排泄してくれるようになる10~15歳期の子どもタイプ。

ただし、ハムスターがおぼえるのは排尿のみ。

糞はそこらへんにしますが、小さくて乾燥していて臭くありません。

なお、猫は犬やうさぎとおなじく、抜け毛が多いことを理解して飼いましょう。

抜け毛がすくない猫種
シングルコートの猫は、抜け毛がすくない猫種になります。シャム、バーミーズ、コラット、シンガプーラ、デボンレックス、コーニッシュレックス、ターキッシュアンゴラ、ターキッシュバンなどがシングルコートです。

我が家のペット飼育記

ハムスター

はじめてペットを飼うなら、まずはハムスター。

トイレをおぼえない乳児タイプのロボロフスキーハムスターは例外。

はじめて家族にむかえたのは、ジャンガリアンハムスターでした。

これから飼育するうえで気づいたこと、失敗したことなどをまとめていきます。

これまでのペット手帖

おすすめの「かじり木」はハムスターによって違うのね はじめてのハムスター飼育、無事にむかえることができました。 シャバの空気を吸うために脱走をくわだてるハムスター おやつに水菜の蕾(つぼみ)ハムスターにプレゼント。 元気なハムスターに日々癒されています♪今日はちょっと作業を!