グリーンカレーペーストがなくても、グリーンカレーはできる。

ペーストをつかうとグリーンカレーは簡単にできます。

けれどペーストだと、ほかのタイ料理への応用がきかないんです。

グリーンカレーだけじゃなく、ほかの料理にも応用できる調味料でグリーンカレーをつくれないか考えていて、ひとつの結論にたどりつきました。

それが、

泰・和・印の融合

つまり、

タイ+日本+インド

それがグリーンカレーの方程式!

まずはタイの調味料

  • チリ・イン・オイル
  • ナンプラー
  • かんきつハーブオイル

いずれも料理をタイ風に仕上げるとき便利な調味料です。

参考 タイ・ベトナム風に仕上げる調味料我が家の特集ページ

グリーンカレーはココナッツミルクをつかいますが、もしミルクがない場合は

  • 豆乳や牛乳
  • ココナッツオイル

この組み合わせで再現できています(我が家はこれでつくります)。食べくらべないかぎり、ココナッツミルクをつかったと勘違いするほど似た味に。

そして「かんきつハーブオイル」はかならず必要。

これを最後に入れるだけで、一気にグリーンカレーに近づきます。

そして日本の調味料

  • ゆず胡椒
  • いりこだしの素
  • 鶏がらスープ

日本からは「ゆず胡椒」がエントリー。

グリーンカレーとおなじく、緑唐辛子をつかっているので風味や辛味を再現。そして柚子がグリーンカレーの風味ともマッチします。

「いりこ」と「鶏がら」のダブルスープでコクがでます。

さいごにインドの調味料

  • ガラムマサラ

インドからは「ガラムマサラ」がエントリー。

最後に一振りするだけで、これまたグリーンカレーの風味に近づきます。

まとめ

まとめると、

  1. 好きな食材を炒める
  2. ココナッツミルク(なければ豆乳または牛乳)をいれる
  3. 味つけ調味料をいれて煮込む
    ・いりこだしの素
    ・鶏がらスープの素
    ・ゆず胡椒
    ・チリインオイル
    ・ナンプラー
  4. 食材に火がとおったら風味調味料をいれる
    ・かんきつハーブオイル
    ・ガラムマサラ
    ※豆乳(牛乳)でつくる場合はココナッツオイルもいれる
  5. お皿に盛り付けて完成!

今回はグリーンカレーの色を再現したくて、ししとうをハンドミキサーでペーストにしていれてみました。

けれど、食感が悪くなるのでいらない気がします。

グリーンカレーの緑色は、冷凍食品のほうれん草をいれて再現してもいいかも。

今度やってみよう。

一口食べて、

「うん、グリーンカレー!」

家族みんなおかわりしちゃいました。