病気はイヤ!健康になる食べ物(食事)&グッズ実践記

子どもを授かってから、より意識しはじめた健康な食事。

歳をかさねるごとに代謝も落ちてきたのか、健康診断の結果をみながら肥満の怖さやダイエットの大切さを感じることがあります。

病気にならず、ぴんぴんころりな人生には生活習慣の見直しが大切ですよね。

家庭でできる健康習慣

はじめに

健康的な人生にするために大切なことは、

  • かかりつけの病院を決める
  • 生活習慣を改善する

結局、このふたつしかないですよね。

家庭でできることは生活習慣を、つまり食事・運動・ストレスを上手にコントロールしていくことだと思います。

青汁と雑穀

運動やストレスは、家族それぞれ趣味など好きなことに時間を割いてもらうとして、家庭では青汁と雑穀を愛用しながら健康に役立てています。

ちょらの青汁は、手軽に野菜をおぎなえる濃さが好き。

ちょらの雑穀は、白米に頼らず雑穀100%食べられるから好き。

どうしても脳は「ラクしよう」「サボろう」とするので、青汁や雑穀をいただくことで健康習慣へ意識をリセットできるから助かっています。

ちょらの青汁たのしみ方

たまに水に溶かして飲むこともありますが、もっぱらこんな飲み方をしています。

まずはこれ、ヨーグルトです。

ちょらの青汁を少量の水でしっかり溶かしたあと、ヨーグルトと牛乳を注いで飲んでいます。牛乳だけだとお腹をくだしやすいし、ヨーグルトの乳酸菌で腸内環境を整えることができます。

また、カルシウムで骨粗しょう症予防、ヨーグルト&牛乳のたんぱく質(カゼイン)は尿酸を排出してくれるので痛風の予防にもつながります。

あまりにつかうのでヨーグルトメーカーを買っちゃいました。

つぎはこちら、豆乳です。

豆乳といえば、やっぱり女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン、そして記憶力を高めるレシチン、さらにダイエット効果のあるサポニンといった大豆由来の栄養ですよね。

また、意外と鉄分も豊富なのが豆乳の特徴。

ちょらの青汁をたっぷりの豆乳に溶かして飲むと本当においしいです。

最後に、アーモンドミルク。

アンチエイジング効果のある抗酸化成分ビタミンEが豊富なところが魅力的ですよね。また、意外にも食物繊維が豊富なので、お通じへの効果も期待しちゃいます。

これがまた、ちょらの青汁との相性がいいんですよね。

ヨーグルト(牛乳)も豆乳も、アーモンドミルクも。

それぞれ単品ではたくさん飲みづらくても、ちょらの青汁を溶かして飲むとゴクゴク飲めちゃうのが不思議です。しかも野菜までしっかり補えますし。

ちょらの雑穀たのしみ方

白ごはんを置き換えだけでは飽き足らず、こんな食品と合わせています。

まずはこれ、さば水煮缶です。

ちょらの雑穀でビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素をしっかり摂りながら、サバの水煮缶でDHAやEPAといった生活習慣病の予防成分も足せるなんて。

まさに、完全栄養食!

醤油煮や味噌煮などもありますが、やっぱり水煮缶との相性がいいです。

つぎはこちら、いなばのタイカレー缶です。

カプサイシン(唐辛子)で血行促進や代謝もあがり冷え性の改善に。ちょらの雑穀といっしょに食べると美味しくて、朝食にいただくと一日を元気にはじめられます。

また、スパイスには食欲増進効果も。

疲れたときに食べると元気がでるんですよね。

最後に、ぎばさ(アカモク)。

ぎばさ(アカモク)にかぎらず、ちょらの雑穀を納豆やとろろ芋などネバネバ食品とあわせると本当においしくて。

ネバネバ食品は免疫力を高めるものが多いので、健康には必須ですよね。

さば水煮缶も、タイカレー缶も、ぎばさ(アカモク)も。

ちょらの雑穀は電子レンジで90秒で炊けるので、いずれも手軽においしく食べられてとっても便利です。

我が家の健康グッズ

ちょらの青汁は飲み物、ちょらの雑穀は主食。

このふたつでたいていの健康食材と合わせることができるので、あとは健康グッズにこだわるだけで、さらに病気を予防できますよね。

歯周病対策

やっぱり歯周病対策には、この3つは不可欠。

タフト歯ブラシがシンプルイズベスト、ソフトかスーパーソフトのやわらかいブラシをつかいたいところ。フロスもワックス付きで歯間に入りやすいルシェロフロス。

そして歯磨き粉は歯周病の研究を第一線でやっているライオンのSP-Tジェル。フッ素もしっかり配合していて虫歯対策にも効果的です。

人生100年時代、メタボ原因にもなる歯周病対策はやるべきですよね。

入浴剤

体温が低下すると免疫力が落ちて、細菌やウイルスに負けて発病しやすくなります。一説には体温が1度下がるだけで免疫力が30%減るとも。

季節を問わず、入浴でしっかり体温上昇させることは本当に大切です。

子どもがいる家庭はバスボムラボで遊んでも楽しいですよ。

これまでの健康習慣手帖

さながら魔女の薬にみえてきた、きょうの青汁スムージー。 2019年新春はじめの健康日和!ちょらの青汁&雑穀いただきます 寒い朝でも元気にシロカのブレンダーで青汁スムージーをいただきます! バナナヨーグルトの予定をキャンセル、やっぱりコレでしょ。 アボカドディップに生ハムをのせて青汁といっしょに。