料理レシピ不要!?簡単でおすすめ風味調味料でつくる献立法

落ち着いた空間で食べる食事が一番おいしい。

家族や仲間がくつろぎながら談笑できる食事が楽しくて、そのために料理をすることで疲れたくない。料理の素人だけど、美味しいものをつくりたい。

つかれてイヤになったり、マズくてイヤになったり。

失敗もしながら気がついたことがあるんです。

 

↓ お好きな項目をタッチ! ↓

大切なのは、味よりも香り!?

はじめに

これまで、ずっと味付けばかり気にしていました。

いっつもレシピを見て、食材もそろえて、分量を気にして。

時間に余裕があるときならまだしも、仕事や子育てに追われながらレシピをみて料理をつくるのは大変です。

どうすればラクにおいしい料理ができるか。

ずっと考えていると気づいたことがありました。

風味かもしれない

というのも、味の種類は「甘味、うま味、苦味、酸味、塩味」と5種類しかないのに、人間がかぎ分けられるニオイの種類は、

10,000種類

味よりも、はるかに敏感なのが香りなんです。

たとえば夏の風物詩かき氷、あのシロップはどれもおなじ味で香料を変えてるだけ。それなのに、すべてちがう味だと勘違いしてしまいますよね。

つまり、和食の調味料をベースに、

  • 熟成調味料
  • スパイス&ハーブ
  • 油(オイル)

といった香りに影響をあたえる調味料にこだわるだけで、レシピをみなくても様々な料理をたのしめるかもしれないということ。

考えてみれば味噌汁も、調味料を変えれば麻婆豆腐やトムヤムクン、ラタトゥイユ、シチューやチリコンカンになる。

炒め物や肉料理、魚料理だってそう。

味つけの基本になる調味料をもとに、各国でつかわれている風味調味料を変えることで、いちいち料理レシピをみなくても自由にアレンジできるかもしれない。

こうして、風味に影響をあたえる調味料実験がはじまりました。

すべての基本調味料

砂糖や塩など、味覚に影響をあたえる調味料は使い分ける必要なし。

我が家では、どんな国の料理をつくろうが基本調味料は変えないことにしました。

基本の味つけ

どんな料理でもラクに上品なうま味をくわえることができる「素材力こんぶだし」。まろやな塩「海の精」、料理を選ばないやさしい酢「千鳥酢」。そして料理にコクをだす調理油は揚げ物でもヘタレない「こめ油」。

隠し味はもちろん、これだけで味も決まる「プリンスソース(ウスターソース)」に、ゴマ風味をつけたいときの「大村屋のねり胡麻」。

甘め・こってり仕上げ用(お肉系)

肉料理や煮物など濃いめの味付けにしたいときは、さきほどの基本調味料にくわえて「オカケンスープの素」「醤油(海の精)」をつかっています。

お好みで挽きたてのブラックペッパーを。

塩気・さっぱり仕上げ用(お魚系)

アンチョビやナンプラーをつかう料理に「鮎魚醤」、魚介系の味付けにしたいときは貝の仲間であるイカの魚醤「いしる」もつかっています。

お好みで挽きたてのホワイトペッパーを。

ペッパーミルはアスベル製がおすすめ。安価なのに細かく挽けます。

各国の風味調味料で料理をアレンジ

上記の基本調味料をベースに各国の風味調味料をくわえるだけです。

どこの国の料理を食べたいか、その日の気分にあわせて各国の風味調味料を組み合わせるだけで、料理レシピをみなくてもアレンジすることができます。

おかげで、料理レシピをみるのは手の込んだ料理をつくるときだけになりました。

「和食」風に仕上げる!

発酵調味料である「かつおだし」「味噌」「薄口醤油」を料理にあわせてつかうだけで和風になります。炒めものも、かつおだしを入れるだけで絶品に。

送料がかかっても「すりおろし生わさび」があると、お刺身がよりおいしく。まとめ買いして冷凍保存しています。「山椒」もすりたての香りはたまりません。

「四川」風に仕上げる!

辛くてしびれる四川調味料をつかえば、お店の麻婆豆腐も再現できます。

花椒の実はとても軽くてセラミックミルだと細かく挽けません。ちょっと高価になりますが、プジョーの鉄刃ミルがおすすめです。

「広東(香港・台湾)」風に仕上げる!

和食や四川の調味料といっしょに広東系の調味料をつかうことで、独特な香り(八角やシナモンなど)が生まれてクセになります。

「韓国」風に仕上げる!

基本調味料で味付けしながら、海鮮キムチの素(もしくはヤンニョム)とサムジャンかコチュジャンを加えれば韓国風に、にんにく(スープなどはすりおろし)は必須。

「東南アジア」風に仕上げる!

仕上げにチリインオイルとハーブオイルをつかうだけで東南アジア風になります。

また、グリーンカレーなどでつかうココナッツミルクは豆乳とココナッツオイルで、また緑唐辛子は柚子胡椒で代用できます。

「南欧(地中海料理)」風に仕上げる!

ちょっと奮発して上等なオリーブオイルを買った方が、仕上げにかけるだけで料理のグレードがあがるのでおすすめです。

「西欧風(仏・英など)」に仕上げる!

発酵バターは2週間ほどで風味が落ちるので、少量(100g)をまとめ買いして冷凍保存するようにしています。

クリームルウは、ホワイトソース代わりとしても活用。

「北中東欧(北欧・独・露など)」風に仕上げる!

ローリエといっしょに、

  • ディルウィードは「ピクルス、マリネ」に
  • ジュニパーベリーは「お肉の煮込み」に

つかっています。

スーパーで買えるサワークリームを添えるだけで、より本格的な仕上がりに。

「インド風」に仕上げる!

北インド風こってり調味料

南インド風さっぱり調味料

肉料理など、こってり仕上げたいときは北インド風の調味料を。魚介など、さっぱり仕上げたいときは南インド風の調味料をつかっています。

「アメリカ南部」風に仕上げる!

各種シーズニングはお肉にマリネして、バーベキューでも大活躍。

お気に入りの主食(米や麺)

主食を変えるだけでも料理にバリエーションが増えますよね。

ここでは、これまで試してみてお気に入りになった主食(米や麺)を備忘録もかねてまとめています。

お気に入り通販ショップ

調味料や食材を購入するときに、利用することが多いショップがこちら。

定番のアマゾン。そして楽天の場合は、

こちらのショップを利用することが多いです。

これまでの料理手帖

恒温調理器(低温調理)それは自宅ステーキの救世主。 ムソー十割蕎麦(北海道産そば粉100%)開封ぷーん。 いろんな麺をくらべていたら、蕎麦にひとめぼれした。 中華せいろって便利すぎ~♪蒸し豚も美味しくできるんだよね~♬ 素材力かつおだし(リケン)で炒める茎太ほうれん草。