恒温調理器(低温調理)それは自宅ステーキの救世主。

はじめに

家でステーキを食べたくなって焼いてみても、焼きすぎて固くなったり、レアすぎて噛み切れなかったり、焼くたびに残念な思いをしてきました。

原因は、加熱する温度。

お肉、つまりタンパク質は50℃あたりから急激に変性してくるため、あっという間に固くなって肉汁がもれてパサパサになる。

加熱加減が難しい

どれだけネットで学んでもお店にかなうわけはありません。

しかし、恒温調理器(低温調理)を使い始めてから自宅ステーキが一変。ぜったいに失敗することなく、おいしいステーキが食べられるようになりました。

どんな製品か、こちらの動画をご覧ください。

「恒温調理器(低温調理)」おもな特徴

ほったらかしで出来あがる

上の動画を見ての通り、つくり方はとても簡単。

  1. 食材に味付けする。
  2. ジップロック(もしくはポリ袋)にいれる。
  3. 鍋のお湯にしずめる(開け口まではいれない)。

たったそれだけ、あとは恒温調理器に任せるだけです。湯温を一定に保ちながら、食材の中心部まで指定温度で加熱してくれます。

たとえば我が家で牛ステーキをつくる時は、

  1. お肉に塩コショウする。
  2. ポリ袋にいれて、香りづけにオリーブオイルも袋の中にいれる。
  3. 鍋のお湯にしずめる(開け口は外へ)。
  4. 恒温調理器を55℃にして1時間放置。
  5. 終わったらフライパンで軽く焼き色をつける。

こんな感じで、いつも調理しています。

MEMO
豚肉や鶏肉の場合は60℃以上がおすすめ。

たったこれだけで、赤身だけどしっかり火はとおっていて、なおかつ肉汁も逃げていないステーキができあがります。

洗い物がでない

恒温調理(低温調理)に必要なものは、

  • 恒温調理器
  • お湯をはった鍋
  • ジップロック(またはポリ袋)

だけなので汚れものがなく、恒温調理が終わったらお湯を捨てて乾燥させるだけ。洗い物がないのでとてもラクです。

我が家では、ジップロックだと1回で捨てるのがもったいないのでポリ袋をつかっています。

ローストビーフも思いのままに

恒温調理器(低温調理)はステーキだけにとどまりません。

どれだけ厚みのあるお肉でも指定温度で低温調理してくれるため、ローストビーフやローストポークだって理想どおりの仕上がりにできます。

たとえばローストビーフをつくるなら、

  • 味付けした牛かたまり肉をジップロック(ポリ袋)へ。
  • 恒温調理器で57℃で3時間ほったからし。
  • その後、フライパンで焼き目をつける。

たったそれだけで絶品ローストビーフの完成です。

もうオーブンの前で心配しながら仕上がりを待つ必要はありません。

放置・洗い物0・塊肉もOK

お肉好きには必須の道具です。

「恒温調理器」の愛用記

恒温調理器を愛用したおもいでをランダムに表示しています。

スーパーの安い牛ステーキをおいしくする調味料発見! やっぱり恒温調理器(低温調理)!牛ステーキサラダが旨い!

最後までご覧いただきありがとうございます。恒温調理器を使い始めてから、今までステーキの焼き方をアレコレ調べてきたのがバカらしくなりました。