たったの90秒で食物繊維どっさり3.7g!ちょらの雑穀!

はじめに

食生活が豊かになり、栄養を意識しながらおいしい料理を食べられるようになった今でも、食物繊維はまったく足りていません。

理由は、精白された主食(ごはんやパンなど)のせい。

1日の食事量のおおくは主食のため、必要な食物繊維は主食でおぎなってきました。

しかし現代は、

主食だけ栄養不足

食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養を奪われた(精白された)穀物にあふれています。

主食でしっかり栄養をとる、我が家の定番が「ちょらの雑穀」です。

【雑穀通販】食物繊維をドッサリ3.7g「ちょらの雑穀」

おもな特徴としては、

  • 白米不要の雑穀100%
  • 電子レンジで90秒
  • 有機ナッツもたっぷり

などがあげられます。

「ちょらの雑穀」おもな特徴

白米不要の雑穀100%

雑穀米と聞けば雑穀主体のごはんというイメージをもちますが、実際にまぜる雑穀の量はせいぜい10%です。

つまり市販の雑穀ごはんは、90%が白米。

これでは必要な食物繊維にまったく届きません。

ちょらの雑穀はこうした現状をふまえ、白米にまぜることなく、雑穀だけで食べられる雑穀ごはんに仕上げています。

電子レンジで90秒

いくら栄養豊富でも、使い勝手がわるくては仕方ありません。

あわただしい朝でも、つかれて帰ってきた夜でも。水と電子レンジさえあれば90秒で食べられるように仕上げました。

栄養だけじゃなく、炊飯時間でも市販の雑穀米より圧倒的に優秀です。

有機ナッツもたっぷり

ちょらの雑穀は、さらに有機ナッツも贅沢に使っています。

これは市販の雑穀ではありえない、贅沢仕様。

人間はもともと木の実を主食としてきたこともあり、「ナッツを食べるほど寿命がのびる」という報告がなされるほど、適量のナッツは健康維持に役立ちます。

主食として食べながら、ほどよくナッツもおぎなえる。

白米不要・90秒・ナッツ

これまでの雑穀米はなんだったのか。

こんな雑穀ごはん、聞いたことがありません。

【雑穀通販】食物繊維をドッサリ3.7g「ちょらの雑穀」

「ちょらの雑穀」の愛用記

ちょらの雑穀を愛用したおもいでをランダムに表示しています。

ちょらの雑穀をそえるだけで、肉料理でもお腹スッキリな理由。 生ハムに、マスカルポーネとフリルレタスをそえた雑穀ごはん。 シンプルに減塩生ハムとアボカドをそえた雑穀ごはん。 ちょらの雑穀ちょい足しスープ(味噌汁)でダイエット。 マスタードとオリーブの実をそえて、生ハム雑穀ごはん。

最後までご覧いただきありがとうございます。我が家のおならが気になる男たちはもちろん、それはそれは美しい妻や娘も雑穀ごはんを愛食しています。