【雑穀通販】食物繊維をドッサリ3.7g「ちょらの雑穀」

ひろゆき

からだにやさしい、雑穀ごはんが生まれました。

電子レンジで90秒チンするだけで、栄養たっぷりの雑穀ごはんが食べられます。


白米に混ぜることもなく、栄養豊富な雑穀100%でつくりあげた「ちょらの雑穀」が生まれたのは妻や子どもたちのおかげです。

きっかけは、妻の初産。

はじめて授かった子が双子だと知っておどろき、喜びに満ちたあの日。

雑穀通販のきっかけ

診断は「双胎間輸血症候群」

双子だなんて、ラッキー!

そう気楽に考えていたけれど、妊娠6ヶ月目。定期健診で病気が発覚した。

双胎間輸血症候群

片方の子から、もう片方の子へ。

血液が一方的にながれ、血液を提供する子は腎不全に、血液を受けとる子は心不全になって、ふたりとも死ぬかもしれない。

絶望の24時間管理入院

双胎間輸血症候群が発覚して、妻は点滴を打ちながらの24時間管理入院へ。

それでも大丈夫でしょ!?

そう思っていたのもつかのま。

日を追うごとに妻の腕は青く、まるで覚せい剤でもやっているかのように、青黒くなっていく。

お腹のハリもひどくなり、投薬量が増え、妻の体調が目に見えて悪くなった。

それでも、大丈夫。

どんなに妻と気持ちを整えても、現実は、きびしかった。

双子の子どもたちに、脳内出血のリスクがでてきたと医師から告げられる。

「脳内出血」

いつものように仕事に追われ、最終電車のなかで、はじらいもなく涙した。

泣いて、泣いて、泣きつくして。腹はきまった。

「どんな子が生まれても、すべてをささげて育て上げる。」

そう母に電話したときに、一人じゃないから、みんなついてるからと、涙ながらにはげまされたのを覚えています。

耐え抜く妻、ふがいない自分

脳内出血のリスクを減らすために、薬が増えた。

その薬の副作用をおさえるために、薬が増えた。

突然の大量出血で妻はフラフラになりながら輸血され、どなた様かの血液が子どもたちの命もささえてくれた。

妻も、お腹の子どもたちも、必死でたたかっていたのに。予定日まで、まだ3か月もあるのに。あせったように鳴りひびく電話をみて、覚悟した。

医師からだ。

これから、切開しましょう。

一報をうけて、あわただしく病院へむかう準備をしていると、こんどは不安そうに電話が鳴りはじめる。遠くのほうから、むせび泣く妻の声がきこえた。

ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・

子どもを守るために、どれほど身をけずってきたのだろう。

ただ見守るしかできない自分にいらだった。はずかしかった。

あのときの、妻のために。

きっと酸欠で苦しかったのでしょう。

まっくろな姿で産まれてきた子どもの息を確認して、ひとりで立つこともできない妻に「ありがとう」を伝えにいった。

食事がノドをとおらず、食事が苦痛だったという妻。

それまでの妻との対話をとおして、体調のために思うように食べられなくても、

  • より簡単に。
  • より美味しく。
  • より栄養豊富に。

エネルギー(炭水化物)といっしょにビタミンミネラルなどの栄養素もおぎなえる主食があったらいいのにな。

そう感じたことが、ちょらの雑穀が生まれたきっかけなのかもしれません。

ちょらの雑穀通販

雑穀ごはんが良くわかる人気記事3選

はじめに

これまでの主食は、食べる目的がエネルギー源でした。

しかし肥満が社会問題になり、いまはカロリーをおさえながら栄養もとれる主食が求められています。

いろんな主食をためしてきましたが、はっきりいって

ちょらの雑穀は別次元

なぜなら、

  • 玄米やライ麦パンよりも栄養豊富
  • たった90秒のアツアツ炊飯
  • しかも、おいしい!

つまり、

を実現してしまったんです。

3つの強み

1.たったの90秒で炊飯できる!

食べ方は、水をいれて電子レンジで90秒チンするだけ!

たったこれだけで、玄米やライ麦パンよりも栄養豊富な主食のできあがりです。


 

お召し上がり方
1.器に付属のスプーン山盛り2杯いれます。
2.100mlの水をくわえます。
3.電子レンジでチンすれば完成です。

2.オーガニック雑穀100%!

おいしい!の一言のために。

原材料である「オーツ麦」「アーモンド」「パンプキンシード」「ヒマワリの種」「くるみ」「カシューナッツ」「黒ゴマ」はすべて、オーガニック100%。

粒が大きくて味わいのしっかりした素材を厳選して、絶妙な温度で焼き上げているため食欲をそそる香ばしさもプラスしています。

毎日つづけられるように、味にも徹底してこだわりました。

3.低糖質なのに栄養豊富!

太りにくく、栄養豊富な主食No.1を目指して。

たとえば白米や食パンを「ちょらの雑穀」に置き換えるとこうなります。

ちょらの雑穀が圧倒しているのが分かりますよね。

健康意識が高い方のために、玄米やハード系パンの代表格ライ麦パンともくらべてみた結果がこちらです。

ちょらの雑穀が栄養豊富なことはもちろん、肥満の原因になる糖質も抑えて、脳にうれしい栄養素αリノレン酸も豊富なことが分かりました。

お客様の声をどうぞ!

驚いたのが想像以上においしいこと。忙しくて自炊が面倒な時、お惣菜さえ買って帰ればすぐに健康的なごはんを食べられるのが嬉しいです!
市販の雑穀ごはんよりも美味しいです!雑穀を食べてる感じがいかにも健康的、ナッツの食感もいいから子どもたちも「おいしい!」と食べてくれます。

適度な食感があることが、よく噛んで食べることにつながっているように思います。噛むほどに雑穀の美味しさを堪能できますね。

ちょらの雑穀Q&A

ちょらの雑穀は広告宣伝をほとんどせず販売しているため、知名度がありません。

そのため購入にあたって不安を感じる方もいらっしゃると思い、よくいただく質問をまとめました。


原材料の産地を教えてください。

有機オーツ麦(アメリカ)、有機アーモンド(スペイン)、有機パンプキンシード(中国)、有機ヒマワリの種(アメリカ)、有機くるみ(トルコ)、有機カシューナッツ(スリランカ)、有機黒ごま(ボリビア)となっています。

おすすめの食べ方を教えてください。

雑穀ごはんとして食べるだけでなく、スープとの相性も良いため、スープカップで炊飯(水をいれて電子レンジでチン)した「ちょらの雑穀」にスープを注いで食べるのもおすすめです。また水の量を多めにすると雑穀粥としてもお楽しみいただけます。

もっと安くなりませんか。

ご期待にお応えしたいのですが、素材の良し悪しが味わいに影響するため、現状のクオリティを下げるわけにはいきません。それでも1食125円(税抜・定期購入時)でご提供できるまでにコスト削減していますので、ご理解いただけると嬉しいです。


ちょらの雑穀お求めはこちら

おためし購入を申し込む

原材料オーツ麦、アーモンド、パンプキンシード、ヒマワリの種、くるみ、カシューナッツ、黒ごま
栄養成分表示エネルギー169.2kcal、タンパク質6.2g、脂質6.0g、糖質20.6g、食物繊維3.7g、ナトリウム3.9mg
※1食分40gあたり
お召し上がり方付属の計量スプーン山盛り2杯(約40g)に対して水100mlを入れて、電子レンジ500W90秒(600W80秒)チンすれば完成です。
※計量スプーンは袋のなかに入っています。
賞味期限約3か月
開封後は早めにお召し上がりください。
20食(800g×1袋)
3,300円(税抜)

60食(800g×3袋)
8,800円(税抜)

オトクな定期購入を申し込む

《最大15%割引でお届けします》



 

MEMO
※表示価格には別途、消費税がかかります。
※お支払いは「クレジットカード」「代金引換」からお選びいただけます。
※定期購入のお届けサイクルは、「1~6か月に1回」の中から好きなペースをお選びいただけます。
※購入回数の制限などは一切ありませんので、お届け休止・解約もすべて自由です。
※送料は当店で負担(沖縄・離島は別途連絡)します。また、代引き手数料も当店で負担いたします。