コーンパンでトウモロコシの収穫まで気分をあげていこう

今朝のこと、コーンパンをどうしても食べたくなり焼いた。

なぜ食べたくなったかって?

それは、洗濯物を干しながら、ふと横を眺めると家庭菜園のトウモロコシの苗が成長しているのをみて嬉しくなったから。

 

去年も育てたトウモロコシ。

実がつき

ひげ根がうっすら茶色くなっているのに

もう収穫ですよのサインがでているのに

無知の欲張り夫婦の私たちは、もうちょっとおおきくなってからでっかいトウモロコシをかぶりつこうと、大きくなるのを待っていたらいっこうに大きくならず。

いざ収穫すると中の実がスカスカになっていた。

昔話のネタにありそうだ。

20個くらいあったトウモロコシのうち2個しか食べれなくて、またその2個が甘くておいしいのなんのって。

後悔先に立たず。。。

18個の甘いトウモロコシが~。。。

家族みんなで涙した。

 

それはいいすぎだけど、この去年の悲しみをもとに、今年の目標は欲張らない!

を頭にいれつつ、ひげ根の茶色を見逃さないで収穫しようと思う。

 

ということで、コーンパンをケールサンドにしていただいた。

これもまたおいしいのなんのって。