手作りおやつで罪悪感を減らそう、食べすぎに気をつけよう!

パンを焼くようになってからというもの、おやつも積極的に作るようになった。

餅が大好きな娘、とくにきな粉餅なんて食べたら

お腹パンクしますよというくらい食べてしまうから要注意。

見張っておかなきゃ後が大変。

 

先日、作っておいたきなこ&砂糖のストックが切れたので娘と一緒に作ることに。

まずきな粉を入れて、次はお砂糖だよ。

「えーそんなに砂糖いれるのー?」

「そうだよ、あなたが美味しいうまいと食べているきな粉餅のきなこの半分はお砂糖だよ」

・・・

お菓子を手づくりしていると、だれもが必ず通るみち、入れる砂糖の量に驚くこと。

甘くておいしいチョコパイだって砂糖の量をかんがえたら食べるの怖くなる。

最近ではほんのり甘くを目標に、できる限り砂糖を減らすことを考えている。

熟したバナナを使うとか。

砂糖より果糖の方が身体にいい気がしているので。

どうせお菓子を食べるなら身体によい物をいれたおやつタイムを過ごしてもらいたい。

豆乳にナッツにハーブ、市販のものよりいい気がするでしょ?

 

そう思って見張ってなかったら中々の勢いでクッキーがなくなっている。

「パパと一緒に食べよっと」

パパを誘えば許されると思っている娘さん。

いやいや、食べ過ぎてません?

美味しいと食べてくれるのはいいですが、ほどほどにしてくださいよ。