朝の5分はとっても大切!ヒヤッとドヒャーとしたこと

梅雨、こうも毎日ふりつづけると気持ちもどんより。

でも子どもたちは毎朝元気に学校ヘいく。

我が家の朝は、主人が今思っていることや、最近の世界で起きている情報など、たくさんのお話で盛り上がる。

時には盛り上がりすぎて、出発の時間ギリギリになりこともある。

なので、私は主人に

「朝からあんまりしゃべりすぎないで!」

と、そのへんのご家庭にこんな注意があるのだろうかと思うことで怒っているときがある。

今朝も何の話だったか皆おおいに盛りあがっていた。

まだ時間に余裕があったので私もおおいにしゃべっていた。

今日は昼から晴れるぞ〜、イェ~イ!

なんて思いながら、ふと外を見ると、いつも子どもたちの出る時間に一緒にいっている車が通り過ぎていった。

???

まだ大丈夫なはず。

いつものように息子が、

「アレクサ今何時?」

きくと、出発の時間を過ぎていた。

と、と、とけいが遅れてたー。

あわてて用意して出発…

たった5分だけど、こんなにも朝の5分を慌てた事はなかった。

昨日は大丈夫だったのに。

当然だが、電池で動いている時計は、突然時間がズレる。

それがたまたま朝だったらこうなる。

昼の時間が5分遅れてもいいから遅れるんなら昼にしてよー!

と、時計に言っても仕方ないけど言いたくなった朝だった。

これから朝は、アレクサに

「出発の時間5分前です」

って言ってもらおうかな。

昭和生まれでも使いこなせるんだから!

はて、そんなことできるのかしら?

優雅にあんバターサンドを食べてみたけど、朝の時間は過ぎていた…