小さな先生がいて困って、いや、楽しませていただいてます。

何を思ったのか、ここ2、3日のあいだ、娘がホワイトボードを使って私と主人に授業をうけることを求めてくる。

「はい、今日の日直さんはひろゆきさんだから起立、礼!ってごうれいして」

「1時間目は国語です、この漢字がわかるひと~」

 

小学3年生レベルの漢字のテストをパソコンで見つけてあげると、プリントアウトしてと言っては、解くのは私達で。

算数の割り算を最近習っているらしくそれもプリントアウトして、わたしたちが解く。

どうやら先生のまねごとをして丸つけをしたいらしく、それにつきあわされている。

 

これには、いいこともあり”教えることで自分も学ぶ!”ことができる。

二人で楽しみながら授業に参加している。

その教え方が可愛くて、あまりにかわいいから授業風景をビデオに撮ろうとおもったら

「はい、そこ授業中にスマホをつかわない!」

としかられる始末。。。

 

体育の授業は、

「今日は雨なので部屋の中でします」

と、部屋の廊下を走ったりトランポリンを跳んだり。

さすがに土曜も日曜も同じようにしているとこっちも疲れてきて、

また今日学校から帰ってきたら小さな先生が出現するのかと思うと恐怖、いや、楽しみで。

 

と言っている私、実は昨日の割り算のテストで不覚にもミスをおかしてしまった。

54÷9=5

と答えてしまった。しかも、同じ問題が2つあり、どちらも5と書いていた。

ありがとう、娘よ。母さんとっても勉強になっていますよ。