フライパンで炒めた「そらまめ」の美味しさにおどろいた。

世界最古の農産物「そらまめ」。

古代エジプトや古代ギリシャでは主食として食べられていたそうで、有名な哲学者も食べていたのかと思うと感慨深いですね。

春が旬の「そらまめ」。

これまではサヤがついたままトースターで焼いて食べてきたのですが、ふと「先にむいて、炒めて食べたらどうだろう」と思い立ちました。

こがすと台無しなので弱火~中火でじっくりと。

いい感じで焼き目がついたら皿にのせて、レモンをしぼって、塩をふる。

そこまで期待していなかったのですが、口にいれて驚きました。

そらまめちゃん、こんなに美味しくなっちゃって。

もっとオシャレな皿にのせてあげればよかった。

炒めるのもいいですが、煮豆にしてレモン汁と塩をふりかけても美味しそうなので、今度やってみます。

毎週、食べたいかも。