肉ではない肉、NEXTハラミをつかって定番のビビンパ。

お肉をいただいても、せいぜい週に一度くらい。

菜食になってからというもの、体調変化にとても敏感になりました。そして、お肉をいただいた翌日にかならず経験することがあります。

それは、お腹の調子です。

汚い話ですが、お肉をいただいた翌日の屁はクサい。

あきらかにクサい。

調子にのって「プップップーのプー」と放屁すると、妻と娘から心の底から軽蔑している目線をくらうので注意しています。

そして、便のキレが悪くなる。

気のせいではなくて、本当にお肉を食べた翌日から便のキレが悪くなります。

しかし、NEXTミーツ社のハラミ(カルビとかもある)は、いくら食べても屁がクサくなることも、便のキレが悪くなることもありません。

なぜなら、大豆ミートですから。

いわゆる大豆ミートは独特の大豆っぽいニオイがありますが、NEXTミーツ社の大豆ミートはニオイのない、あっさりした味わいの代替肉。

だから焼肉のように食べるより、ビビンパのような濃い味付けで食べるとおいしい。

食感はムギュムギュとしたハラミのようで、違和感がありません。

分かりやすい味付けの料理を好む小学生の娘も、NEXTミーツ社の大豆ミートでビビンパをつくることを告げると、飛び跳ねてよろこびます。

「ビビンパ!ビビンパ!」

ノリノリでつくったものの、ビビンパの写真はありません。

家族みんなの大好物。写真をとることも忘れてしまい、気がついたときには食べ終わっていましたから。

イオンやイトーヨーカドーの一部店舗(関東)では、精肉コーナーにならびはじめたようで、うらやましくてたまりません。

NEXTミーツ社の大豆ミートが、はやく近所でも買えるようになればいいのにな。