今年は娘がハマってる!たくさん実ってくれればそれでいい。

畑で家庭菜園、3回目の我が家。

昨夏のお野菜はトマトにきゅうりにゴーヤ、そりゃもうたくさんの野菜たちに囲まれた夏だった。

勢いにのって冬野菜も!

とはならず種まきの時期が遅かったせいか

「あれっ、ここ確かごぼうの種まいたよね」

っていうくらい草がボーボーで、ごぼうの小さな芽なんてうもれてしまい、一本も収穫ならず。

その中でも元気に芽をだし、収穫までできた大根は、我が家の大根の消費もままならないくらいご近所さんからもいただきまくって大根の消費におわれた冬だった…

一本も無駄にせず、おいしくいただきましたけどね。

大根の育ちのパワーにただただ感心させられた。

この夏は、実は失敗したトウモロコシとズッキーニを収穫すべく去年より早めに苗植えを始めた。

今年は、学校の帰りが早い娘がお手伝いをしてくれて畑を耕したり、苗を買いにいったり。

父親ゆずりでトマトにめがない私が、ホームセンターで苗をぎんみしていたときのこと、

「皮が薄くて美味いなんて書いてあるけどぜったいウソだからこんなの!」

娘のひとこと。

どんなに美味しいトマトを食べさせても苦い顔をする娘が言ったもんだよ。

おかしくて、笑いが止まらない。

誰ににたのか、我が家にはトマト嫌いはいないんだけどなぁ。

今年こそはトマト好きにしてあげるんだからと意気込む私は、その皮がうすくて美味しく育つであろう苗を買わずに、放ったらかしでもたくさん実る苗をかった。

楽してたくさん実る!

このうえない幸せ。

娘は、自分で植えたからか、毎朝苗の育ちぐあいを見にいってくれる。

今朝はトマトの黄色い花の出現に喜んでいたよ。花がさいたら次は赤い実だよ、娘ちゃん。

たっくさん食べてトマト好きになってね、私の愛する娘ちゃんよ。

代々うけつぐんだよ、トマト好きを!

愛があればパンだって、トマトだって美味しくなる!