トップバリュ「Vegetive」でイケてる植物肉の世界を知った

動物福祉と環境保護のためにも、食肉を減らすことにしました。

動物園で例えれば、死ぬまでせまいオリに閉じ込めて展示している動物園よりも、動物の生態を理解したうえで行動展示している動物園を応援したい。

それとおなじように、いただく命は少しでも大切にしたい。

それに世界人口が増えすぎて、食肉を続けられる土地が残されていないようですし。

破壊する森林も残されていない。

いずれにしても地球には、動物や環境を犠牲にする余力はのこされていないので、遅かれ早かれ動物肉は高くなるでしょう。

そういうわけで、最近は植物肉やヴィーガンレシピに興味しんしん。

どうやらイオンも完全植物食の展開を始めていることを知ったので、「パスタソース」と「レトルトハンバーグ」を買ってきました。

まずは、パスタソース。

こちらのトマトソースは味噌が入っていて、和食っぽい味わい。

ありがちなレトルトパスタで、もっと美味しくできる余地を感じられました。

クリームソースは、ちょっとケミカルテイストで苦手。豆乳を生クリームに寄せようとしているからなのか、変わった味がします。

単価は高くなると思いますが、カシューナッツなどでクリームパスタにすれば、生クリームに寄せなくてもおいしくなるのかなと期待したり。

いずれにしても、手軽にヴィーガンレシピを体験するには良い商品。

あと、こちらのハンバーグも買ってきました。

ソースはトマト、オニオンの2種類あって、写真はオニオンソース。

ケールとサラダほうれん草、ニンジンとスナックエンドウのソテーを添えました。

もっと大豆っぽいと想像していたのですが、まったく大豆感はなく。

もはや、お肉。

ソースはレトルトっぽい味がしますが、大豆ミートへの抵抗感をなくすには十分に役立つ商品でした。

そして、まんまと大豆ミート(乾燥品)を買いました。

水でもどして使う大豆ミート、いろいろと実験してヴィーガンレシピを学んでみます。