≪サイトをリニューアルしました≫

ヴィーガン、ベジタリアン、マクロビオティックの違いとは

はじめに

ヴィーガンは「宗教」的だと思ってきた。

菜食主義の思想を、一方的に相手へ押しつけるような印象を持ってきたけれど、ある映像をきっかけにイメージを改めた。

肉食の素晴らしさを主張するために、鶏に生で食らいつく姿。

ヴィーガンが宗教だとすれば、肉食だって宗教なんだと目が覚めた。そして「ヴィーガンとは?ベジタリアンやマクロビオティックとの違いは?」と疑問が生まれてきた。

ヴィーガンとは

ベジタリアンとの違い

考えてみれば、そもそもヴィーガンとベジタリアンの違いすら理解していなかった。

ヴィーガンについて調べるまでは、「ヴィーガンというカテゴリーのなかにベジタリアンという人たちがいる」と誤解すらしていた。

正しくは、ベジタリアンの一種がヴィーガンと呼ばれる人々だった。

ベジタリアンの種類

ベジタリアンをおおまかに分類すると、このようになった。

乳製品野菜
ヴィーガン××××
ラクト
ベジタリアン
×××
オボ
ベジタリアン
×××
ラクト・オボ
ベジタリアン
××
ペスカタリアン×

※ラクト・・・「乳」という意味
※オボ・・・「卵」という意味
※ペスカ・・・「漁、魚釣り」という意味

ヴィーガンとは、ベジタリアンのなかでも肉や魚はもちろん、卵や乳製品も食べない人々のことだと初めて知った。

それでは、マクロビオティックとは何なのだろう。

マクロビオティックとの違い

マクロビオティックとは、「玄米や全粒粉を主食として、おもに豆・野菜・海藻など」を中心に組み立てられた、いわゆる食事法のひとつだ。

意外なのは、マクロビオティックは日本にしかないこと。そして玄米菜食を基本に、肉食もほどほどであれば認められているらしい。

こうした動物性食品を減らそうとしている菜食主義者のことを「柔軟(フレキシブル)」と「菜食(ベジタリアン)」をかけあわせてフレキシタリアンと呼ぶらしい。

日本では「ゆるベジ」ともいわれているそうだ。

日本のベジタリアン食といえば「精進料理」が、肉や魚、乳製品や卵も食べてはいけないヴィーガン向けの和食といえそうだ。

また、台湾には「台湾素食(スーシー)」とよばれる菜食文化があり、すでに7人に1人はベジタリアンであることも知った。

台湾のベジタリアン人口は、インドに次いで世界2位という事実も知った。

しかし、インドや台湾のように宗教的な理由もあってベジタリアンになるのは分かるが、日本のような国の場合、肉食をやめるのは難しいはず。

宗教的な理由以外で、ベジタリアンになるきっかけなんてあるのだろうか。

ヴィーガンの背景

動物愛護の視点から

ヴィーガンについて調べていると、とても衝撃的な映像を知った。

視聴には年齢制限もあって、動画の貼りつけを思い悩んでしまう現実だったため、リンクだけ載せることにした。

参考 Dominion(2018年制作ドキュメンタリー作品)YouTube

これまで、こうした現実に目を背けてきたことを反省した。

それと同時に、ヴィーガンの一部の人たちが過激になる理由もわかった。

我が子を殺した犯人を、親の多くは憎しむだろう。ヴィーガンが肉食にアレルギー反応を示すのは、それに近い心境だと思う。

きっと動物愛にあふれた人には、スーパーや冷蔵庫にならんでいる食肉が、死肉に見えているはずだ。

愛は血のつながりだけではなく、いっしょに共有した時間や空間の深さによって育まれるように思う。対象は人だけじゃなく、犬や猫などのペットにも、靴やフィギュアにだって愛は生まれる。

その対象が無残に、と考えるだけで、悲痛に胸が苦しくなる。

それと同時に「畜産農家は、どう考えているのだろう。」と疑問に感じていたところへ、こんなツイートが目に飛び込んできた。

内容も、このツイートに対するリプ(返信)も、どれもが素敵だった。

そして「ヴィーガンの栄養管理」と「アニマルウェルフェア(動物福祉)」について関心を抱くようになった。

ヴィーガンの栄養管理

「ヴィーガンの栄養管理はむずかしい」という専門家がいる。

「それは無知なだけだ」と指摘するヴィーガンの栄養士もいる。

結局、どんな暮らし方にも専門家がいて、それぞれの専門家で意見がちがうのだから、「専門家の意見を聞け」といわれても判断できない。

だから「ヴィーガンは体に悪い」は本当なのか、自分で調べることにした。

結論からいえば、魚介は食べるベジタリアン(ペスカタリアン)ならば、肉はもちろん、乳製品や卵を食べなくても栄養は不足せず、食生活も満足できると思った。

けれど、魚介もNGのヴィーガンを目指すとビタミンB群は確実に不足する。

ただ、サプリメントやビタミンB群が添加された食品があればヴィーガンが栄養不足になることはなく、そのための食品もすでに用意されていることも分かった。

「ヴィーガンは体に悪い」のかベジタリアンの栄養を考える

そもそも、現代の食生活でも日本人の多くは栄養不足。

「もっと野菜を食べよう」と呼び掛けているのに、野菜中心にすると肉食よりも栄養管理がむずかしくなるというのも変な話だ。

アニマルウェルフェア(動物福祉)

「ヴィーガンとは何だろう。」

そんな素朴な疑問から、ベジタリアンについて調べていくなかで知った経済動物(家畜)の現実は、とても心が痛み、いまでも苦しい。

けれど、あらゆる動物の殺生を否定するとイノシシやシカなどの害獣被害が増えて、そもそも野菜がつくれなくなる。

やはり、生きるためには動物の命もうばわなければならないと思う。

けれど、命のうばい方について考えるようになった。

動物の立場に立って、人間が動物に対して与える痛み・苦痛を最小限におさえるアニマルウェルフェア(動物福祉)について知りたくなり、

が日本にもあることを知った。

そして、値段を知ってぼうぜんとした。牛乳は1本(1000ml)あたり1,000円もして、鶏卵も1パック(10個)あたり1,000円だ。

牛乳も鶏卵も、これまで買ってきた金額の5倍も高い。

裏を返せば、それだけ家畜に負担をかけて、畜産農家を悩ませているのかもしれない。

「ヴィーガンは金持ちの遊び」や「菜食主義なんてエゴに過ぎない」という声を見聞きしたが、それも一理ある気がした。

経済的にも時間的にも余裕のある人であれば可能だろうが、わたしのような無宗教な庶民がヴィーガンを目指しても、ストレスで体調をくずしそうな気がしてめまいがした。

けれど、たとえばいつも食べている鶏卵の背景には、こうした現実がある。

参考 国産排卵鶏の最期Animal Rights Center

このまま、なにもできないまま今がずっと続いていくのだろうか。

そう考えていたとき、ネットフリックスのドキュメンタリー作品と出逢った。

世界はベジタリアンであふれる

肉食は縮小する

そのドキュメンタリー作品が「Cowspiracy:サステナビリティ(持続可能性)の秘密」。

レオナルド・ディカプリオが製作総指揮をつとめた、ネットフリックスなら日本語字幕で見られるドキュメンタリー映画。

参考 Cowspiracy:サステナビリティ(持続可能性)の秘密Netflix

この作品を視聴して、遅かれ早かれ「肉食」は続かないことを知った。

家畜のエサとなる穀物を栽培する土地がないのだ。肉の供給には上限があるのに、需要はまだまだ伸びるため、価格が高騰して手ごろに肉を買える日は終わるのだろう。

世界中の人々は、生きるためにベジタリアンになる。

ただ、だからといって粗食になるのかといえば、そうでもなく。これからも豊かな食生活を続けられるテクノロジーがあることも知った。

プラントベース(植物食)

それが、プラントベース食品。

大豆などの植物だけを原材料につくられた代替肉だ。

マクドナルドは全世界で植物肉ハンバーガーを今年中に発売予定で、米国のケンタッキーではプラントベースのナゲットやバーガーがすでに販売されている。

アマゾンでも大豆ミートなどの代替肉が販売されており、牛乳の代替としてナッツミルクもあり、プラントベースの卵やチーズだって存在している。

きっと最初は「値段が高い」「味が悪い」といった意見が多いと思うが、そのうち圧倒的なコスパと、改良された味わいで代替肉に置きかわる。

なにせ、植物はgあたりの生育単価が動物よりもはるかに安い。

知らないうちにベジタリアンになる世界は目の前に来ており、牛肉や豚肉や鶏肉は、猪肉(イノシシ)や鴨肉を食べるような感覚になるのかもしれない。

ニッチで高単価な畜産品になるほど、

  • 小規模農家であること
  • アニマルウェルフェアであること

が付加価値として表現しやすいように思うし、そういう世界になればと願う。

さいごに

正直、ヴィーガンは過激な動物愛護団体というイメージを持っていた。

けれど、それは一部の方々だと知ったし、ベジタリアンを取りまく環境も大きく変わってきていることも分かった。

こちらも、ネットフリックスなら日本語字幕で見られるドキュメンタリー作品。

参考 The Game Changers:スポーツ栄養学の真実Netflix

ヴィーガンを目指すことで、健康につながる可能性があることも知った。

ヴィーガンのおかげで、肉料理の再現レシピや菜食レシピに困らないように思えたので、まずは何が必要なのか調べることにした。

  • ヴィーガンレシピからベジタリアンに必要な食材をまとめた(制作中)

どのみち世界はプラントベース(植物食)の食品であふれる。

そうであれば今のうちに準備をはじめて、プラントベース食品を学ぶことにした。