≪サイトをリニューアルしました≫

大好きな「ミカパン」に合う煮込み(スープ)を作りたい。

ひろゆき

その昔、家族のためにケーキを作ってみたんです。

レシピとにらめっこしながら、丁寧に、慎重に。

期待をふくらませてオーブンレンジで焼きあがるのを待っていたのに、スポンジケーキとは程遠い、ぺちゃんこのビスケット生地ができあがった。

そう、あれからだ。

あつあつのビスケットみたいなやつをポリポリ食べながら「もう、パンみたいな食べ物はつくらない」と涙ながらに決めたんだ。

そんなパンの神様に見放されたぼくとはちがって、妻はパン作りが好きだ。

「なにか悪いことしたのかな。」

「もしかして怒ってるのかな。」

と不安になるくらいに、どしん!ばたん!と生地をたたきつける妻のパンは、家族みんなを笑顔にしてくれる。

妻の名(みか)をもじって、ぼくは「ミカパン」と呼んでいる。

このあいだも、丸くてでっかいパン(カンパーニュだっけ)を焼いてくれたので、パンがおいしく食べられる料理をつくってみました。

チリパウダーやクミンなどを混ぜて仕上げた、鶏むね肉と大豆のスープ煮込み。

仕上げにケールもいれて彩りと栄養を添えました。

外国のYouTuberのレシピを参考にしたのですが、不思議な粉を入れてまして。「休眠!」なんど聞いても「休眠!」といっている粉なんです。

睡眠薬でも入れてるのかな。

いやでも「休眠」なんだよな。

世界では安眠レシピが流行ってるのかな。

休眠という粉がなんなのか分からずに途方にくれていたら、「休眠・・・クミンか!?」と気がつきました。そう、クミンパウダーだったのです。

あやうく家族みんなを食事中に寝かしつけるところでした。

いやー、それにしてもパンとスープはおいしいね。